どうか ご 自愛 ください。 「ご自愛くださいませ」の意味と使い方・目上の人に使って良いか

「ご自愛ください」は、相手を気遣う意味がある 「ご自愛ください」は、丁寧な言葉遣いになりますので、目上の人に用いても問題はありません 使い慣れないゆえに使用時の違和感に気づきにくく、間違いやすい言葉といえます
」「かかりつけ医に相談してみてください そんな季節の便りで良く見かける表現の一つに、「~ご自愛ください」というフレーズがあります
今がいちばんの踏ん張り時ですから、ご自身が感染されないように、お大事になさってください しかし、このような場合に「ご自愛ください」という挨拶文はふさわしくありません
com 時候の挨拶に続ける 「ご自愛ください」を使う際は、「季節の変わり目ですからご自愛ください」「暑く(寒く)なる折からご自愛ください」のように時候の挨拶に続けるのが一般的 何かを依頼するときに、一方的なお願いで終わるのではなく、相手への敬意と労わりの言葉で締めくくることで、心遣いや親しみやすさを感じてもらいやすくなります
減少傾向にあるとはいえ、年賀状や暑中見舞い・残暑見舞いなどの季節の便りを出す人は少なくないでしょう 使用に適した場面や正しい使い方、言い換え表現などを紹介します
本年もより一層のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します 私どももおかげさまで、つづがなく過ごしております
自分自身を大切にすること 特段丁寧に接したい相手には、「~申し上げます」という形で結ぶと良いでしょう
62 79