エンド ゲーム 未 公開 シーン。 涙腺崩壊必至!『アベンジャーズ/エンドゲーム』悲劇のラストシーン直後の未公開シーン

映画本編では、アイアンマンが力尽きて目を閉じ、アイアンマンことトニー・スタークの妻ペッパー・ポッツが最期のキスをするところまでが映し出されているが、この映像では、その後のヒーローたちの姿を見ることができる。

次の葬式シーンがくどくなる 皆が膝を付くシーン自体はとても素晴らしいシーンですが、時間にして約2分であり、次に出てくる社長の葬式シーンがとてもくどく感じてしまいます。 サノスからインフィニティ・ガントレットを奪い、自らを犠牲に世界を救ったアイアンマンの死を目の当たりにし、ショックと悲しみに打ちひしがれるアベンジャーズたちは、それぞれの思いを胸に、片膝をついてアイアンマンへの敬意を表す。 なんで分からないんだよ、お前はここに住んでただろ、とロケットが逆上すると、1500年しか住んでないよ、とソーはふてくされるのでした。 」「我々が気づいたのは、 観ている側は 大人になったモーガンと 感情的な関係を感じていなかったということです。 アイアンマンのもう一つの可能性 さらにあの音に隠されたもう一つの意味は、将来的にアイアンマンがマーベルシネマティックユニバースに復帰することを暗示しているのではないかと思われます。 さすが歴代1位になった映画なだけに、監督もよく考えて作っているなと改めて感心させられました。
3

すると、ローディは、前から聞きたかったんだけど、なんで飛行機を墜落させなくちゃならなかったんだ、と図星を付くのでした。

ちなみにそのシーンの途中では、行方が分からなくなっていたガモーラがみんなの様子を見つめると、どこかへと一人で歩いていってしまう下りもありました。

実は映画アベンジャーズ・インフィニティウォーの時点でトニーとペッパーは子供について話していました。

この映画のMovieNEXが9月4日にリリースされるのを前に、MovieNEXに収録されるボーナス映像の中から、涙なしには見ることができない、あの悲劇のラストシーンの直後を描いた未公開シーンの一部が解禁となった。

ホークアイ、ブラックパンサー、キャプテンマーベル、スター・ロード、ネビュラ、ヴァルキリー、アントマン、キャプテン・アメリカ、そしてドクター・ストレンジが膝をついたところで、カメラはズームアウトしていき、感動のシーンは終わります。

ここからどっちに行けばいいんだよ、と聞くと、ソーはぼっとした様子で分からないと答えます。

するとトニースタークは、すかさずポッツと答えるのでした 1という驚異の数字をたたき出した
さらにガモーラのシーンについては、あえて彼女の行方を謎にすることで、その後のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズを待ちわびるファンたちにとっては一つの楽しみが増える、と考えたからではないでしょうか また、削除シーンをよく見ると、ところどころCGIや背景が未完成であることが分かります
とても素晴らしくて泣けるシーンなのは間違いありません これにより、ガモーラが生きていたことがはっきりしましたね
そして、一度は手放したはずの、キャプテン・アメリカのトレードマークであるシールドがついに彼の手元へ そう考えると、撮影後、まだちゃんと編集する前の早い段階で削除することが決まっていたといえそうですね
なぜ感動のシーンは削除されたのか 本編ではその後、アイアンマンことトニー・スタークの葬式のシーンへと移ります ペッパー・ポッツとトニースタークのシーン サノスを倒してからというもの地球に平和が戻り、トニースタークとペッパーポッツは自然に囲まれた別荘でのんびりと暮らしていました
このあとも、各地で次々と開催予定となっている 昨年12月、全世界同時で情報解禁となった予告編はアクセスが殺到し、24時間の再生回数が驚異の2億8900万回を記録、映画史上No. ひどいものを見てしまったからね、とソーの小便姿について話すのでした
90