一橋 大学 アウ ティング 事件。 【声明】一橋大学アウティング事件の高裁判決について

確かこの事件は、アウティングだけではなく、その後Aさんが嫌な態度をZさんに取り続けたから、と言われてましたが、これも男女間ではよくあることかもしれません 一方で、個人情報保護法が定める人種や信条、社会的身分、病歴などの「要配慮個人情報」に性的指向・性自認は入っていない
しかしながら、アウティングというハラスメントを受けた被害者の精神状況を十分に踏まえた上で、大学側の対応を吟味したものなのかについては、疑義を持たざるを得ない そんな社会が実現するまでは、対症療法としてアウティングが危険な行為であり、してはいけないことだと制度に明記し、認識を広げる
「そんなこと、言うなんて何を考えてるんだ」と静止したり、「これは、ひどいハラスメントだ」と客観的な立場から当局にレポートしたり、「大丈夫かい? なにかサポートできることない?」と個別に連絡したり ではZさんは、誰に相談して、どう解決すべきだったんでしょうか? ゲイを差別することと、他者から好意を向けられて迷惑に思う気持ちが別物なことは、Aさんのご両親も理解されています
Bは、恋愛対象が女性であるため、男性であるAからの告白を受け入れることができません なぜAさんは亡くならなければならなかったのか
この2月で独立して1年半と少しとなります 2017年4月22日閲覧
何気なく開いたパソコンで見たFacebookのタイムラインが、事件のニュースや投稿で埋めつくされていたのです そして、彼は私、だったかもしれないし、彼は明日の私かもしれない
うらら(管理人) Re: 一橋大学のゲイ暴露転事件には、報道の偏りがある気がします 私はこの事件を「同性愛をバラされたから」という特殊なものと受け取るのは、それこそ差別のように感じています 安心と安全の両輪が必要なのです」 自分は偶然生きられているだけかもしれない 同じLGBTの当事者に対しても「もし、自分はラッキーだな、色々あるけど幸せに生きられているし、と思っている方がいらしたら、それは、ただただ、自分の周りの小さな社会にいる人たちのおかげで、偶然生きられているだけかもしれない、と、考えてみる時間を持ってもらえると嬉しいです
96

裁判では、A君が アウティングについて相談してもまったく受け止めてもらえなかったという大学の対応のまずさも争点となるでしょう。

ごめん」と書き込んでしまいます。

本当に、自分はラッキーだったのか 全身に電気ショックを受けたように、血液が体から音を立ててサーッと引いていく。

この事件の本質は、LGBTに対する差別にあるものと私は考えています。

このように、まだまだアウティングによる被害は後を絶たないのが現状だ。

記憶のどこかにしまい込んで鍵をかけてしまっていた、という方が合っているかもしれません。

69