青楼 オペラ ネタバレ 48。 青楼オペラネタバレ最終話/12巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

25
もちろん…主人公の茜と若旦那が幸せに結ばれるのを願っています。 もちろん漫画なのでかなり着色はされているでしょうが、私たちの御先祖様もこのような想いで子孫を繋いでいったのかもしれないと思ったり、色々な目線で楽しめました。 あれから茜は自分でお金を工面するために、己の半生を売りました。 翌日 紫と朱音は振新舞の準備室で待機している。 おまえと一緒になれるんなら世間を敵に回そうがそれは不幸じゃねぇんだよ・・・。 惣右助がみんなを逃がそうと声をかけているとき家人が斬りかかってくるのを茜が得物を振り回して助けます。 茜は惣右助の声だと気づきます。 その初日に高利貸しの惣右助と運命的に出会います。
さらに読み進めてみると何と朱音の両親を殺害したのは誠二郎だということがわかりました いつもと変わらぬ様子の惣右助にほっとする茜ですが、 惣右助はたった7日会えないだけでそんな顔をしてどうするんだと思い悩むのでした
しかし敵も反抗し、朱音の身の回りの大事な仲間を次々と不幸に陥れていきます それは新見の殿や三橋様に、お力添えを願いたいということ
と必死でやめさせようとします また、両思いになった茜と惣右助も身分違いを理由に結婚できないことが分かっていたり、両思いなのにお互い片思いみたいなそんな2人に胸が締め付けられます
菊之丞の気持ちが垣間見えて、ちょっと切ない気もしますが、惣右助にとっては心強い親友ですね 今では色ではなく、芸に贔屓がついています
ですが、無料で600ポイントが付与されるのは初回限定なので、既にU-nextに登録してる方は課金 462円 を支払わないと最終巻が読めません 惣右助によると 松坂屋に張りあうため細田屋が喜瀬川をけしかけたと推測する
金輪際私に関わってはならないと言い残し、 茜は立ち去ります 」 茜も分かっていました
荒々しい自信家に見えるけど、実は優しい 主要登場人物が、それぞれの希望していた道に進めて良かったと思います
白を着れるのは花魁だけだった 茜はとても頼もしく感じます
71