高校 野球 秋季 関東 大会。 秋季関東大会の戦績|埼玉高校野球情報局

健大高崎2年連続5回目のセンバツ確実 2021年の第93回選抜高校野球大会の選考資料となる秋季大会が各地で行われている。 2回裏には相手失策から1点を追加。 6回からはエース中嶋太一が継投し、4回を被安打0・四死球0のパーフェクトピッチングで1点を守り抜いた。 先発の岡本が5回 113球 で7安打、途中登板のエースが4回 79球 で7安打と、浦和学院に14安打を浴びるも、中盤に7番加藤大悟の3ラン本塁打 大会2本目 などで突き放し、接戦を制した。 5回終了時点で、関東一の鈴木は被安打4・四死球0・奪三振4。 千葉学芸は4回表、6番長谷川の安打で1点を先制。 4回裏、浦和学院は6番藤井の2塁打で1点を追加し、6-0とする。
35
[試合経過]先発は花咲徳栄が背番号1の松田和馬、常総学院が背番号11の石川大翔。 3回裏には、9番苅部の2塁打で1点、1番石井の3塁打で1点を追加し、5-0。 東海大相模は9回表、2死から四球で走者を出すも得点が奪えずゲームセット。 さらに2死1・2塁のチャンスを作ると、ここで専大松戸は背番号11の岡本陸に交代。 8回表から常総学院はエースがマウンドへ。 関東一は1回裏、3番初谷が2塁打で出塁すると、4番津原がタイムリーを放ち1点を先制。
98
狙い球の絞り方に定評がある 5回裏、関東一は相手失策から2点を奪い、4-3と逆転
関東一は5回から背番号10の矢野に継投 6回裏、日本航空は背番号10の東谷に継投
[試合経過] 先発は共に背番号18、日本航空が小澤耕介、関東一が小島慧斗 攻撃では6回裏、1番寺井が3塁打で出塁すると、2番篁哲郎のタイムリーで1点を先制し、これが決勝点
さらに5回裏には、3番林夢人の2ラン本塁打で5-5の同点に追いつく 秋季大会は、が栃木県勢の試合を中継する場合がある(2014、2016年)
さらに1死満塁のチャンスから内野ゴロで1点を奪い、8-4 5回裏、日本航空は2死満塁から1番久次米のタイムリーで1点を追加し、5-3
さらに6番横山の3塁打で1点を挙げ、4-2とする 6回裏、作新学院は先発井上から背番号7の林に投手交代
関東一は、序盤から失策 計4つ などが絡み大量失点するも、9回表には打者一巡の猛攻で5点を挙げる粘りをみせた 8回表、常総学院は4番田邊の2塁打で1点を奪い、5-4と勝ち越す
97