物 損 事故 点数。 交通事故で物損処理。違反点数は加算される?使える保険について

人身事故で違反点数と行政処分の相関表 ここまでの解説は、加害者に「前歴」がないことを前提としておりました。

厳密には、人身事故に切り替えると、警察は業務上過失致傷罪で捜査する必要があるため、同罪の時効の問題はありますが、まず問題とならないでしょう。

しかし、赤切符や青切符を切られることもないため、反則金、減点、罰金、損害賠償(自宅だからなし)などは、何もありません。

例えば、事故現場となった道路や施設などの管理が不十分であり、それが事故の一因となったような場合は、相手にも過失があるということで賠償金の減額などを主張できる可能性もあります。

診察の際には、事故日、事故の内容、いつから痛むか、どこが痛むかなどを説明するようにします。

ただでさえ日に何十件と発生する交通事故で、どんな軽症でも全部人身事故扱いしていたら、場所によっては警官が足りなくなるかもしれません。

ただし、物損事故なので、対人専用の自賠責保険では一切補償されません。

そもそも、警察への連絡は加害者の義務でも有ります。

今回の場合、停車中の車にぶつけてしまった、ということですので、被害者の方から物的損害についての民事責任を問われる、具体的には損害賠償請求をされることは避けられないでしょう。

一方で、先ほど見たJAFのページには、このような記載がありました。

そして、自賠責保険の保障範囲は、 対人保障のみとなっています、したがって、モノに対しての保障はないのです。

34