オグロ コンニャク ウオ。 オグロ コンニャク ウオ

8

Liparis ochotensis• カニの甲羅内に産み付けられた卵 北海道羅臼町沖水深600-750mで漁獲されたイバラガニモドキ128匹(地方名いばらがに)の甲羅内から出現した卵(19卵塊)がコンニャクウオ属のアイビクニンとオグロコンニャクウオであることが明らかになりました。

Genioliparis 属(3種)• スルガインキウオ Paraliparis dipterus• この研究は、国立研究開発法人 水産研究・教育機構(水産機構)中央水産研究所の柳本卓博士とアクアマリンふくしまの共同研究として実施しました。

Acantholiparis 属(2種)• Paraliparis(121種)• イソギンチャクや 岩 ( いわ )のすき 間 ( ま )に 卵 ( たまご )を 産 ( う )みつけたり、 親 ( おや )が 自分 ( じぶん )の 口 ( くち )の 中 ( なか )で 卵 ( たまご )をかえしたりと、 多 ( おお )くの 魚 ( さかな )が 卵 ( たまご )や 子 ( こ )を 守 ( まも )るために 創意工夫 ( そういくふう )を 凝 ( こ )らします。

8月14日に、赤ちゃんラッコが「ラリー」と命名される。

カニは 凶暴 ( きょうぼう )なので 近 ( ちか )づくときは 命 ( いのち )がけです。

北部から知られていたが, べーリング海, オホーック海および北海道の太平洋岸沖合などに広く分布することが明らかになった. Pseudoliparis amblyostomopsis• セキチクビクニン Careproctus sinensis• Liparis tessallatus• Careproctus macrodiscus• また、「新体感エリア」などペンギンやアザラシが間近で見られる展示スタイルにも注目です。

54