ゴム パッキン カビ。 ゴムパッキンに生えたカビを取り除く方法

そして重曹の上にラップをかけて2時間ほど放置した後、乾いた布やキッチンペーパーで重曹を拭き取るか水で洗い流せば完了です。

」と仰られて、落ち着いていらした様子で、電話をお切りになりました。

もし、ご自宅のカーテンが洗濯可能な素材ならば、液体酵素系漂白剤を使ってのお洗濯をおすすめします。 例えばこれ。 殺菌効果もあり、カビ菌を寄せ付けないキレイな窓を保っていけるでしょう。 10分ぐらいを目安にしてカビが落ちたかを確認してみましょう。 こまめな換気• 違いは一目瞭然ですね…! 二度と繰り返さないために…日頃からできるカビ対策・予防って? さてここまで、しつこいカビ汚れを徹底的に掃除したわけですが、もちろんこれっきりでカビと永遠にサヨナラできるわけではありません。 もっと手軽に臭いを消したい場合は、コーヒーかすやお米のとぎ汁、お茶の出がらしなどを使う方法もあります。 ゴムパッキンの表面は本来なめらかなので、カビ取り剤でゴシゴシこすると、細かな傷ができてそこにカビと水分が入り込んでカビが繁殖してしまうのです。 ゴムパッキンが使用されているところはカビが生える三つの要素• スポンサーリンク お弁当箱のゴムパッキンのカビの取り方 カビの生え方が軽度の場合 浸け置きする場合 台所のキッチンハイター(漂白剤)を薄めて、そこにつけ置きするのがおすすめです。
18