喫緊 の 課題。 喫緊の課題の喫緊とは?意味と使い方や例文!英語表現と語源のお話!

また行政文書などにも使われることがあります。
「喫緊」は、 「差し迫っていて大切なこと」 「直近」は、 「当該事項に最も近いこと、すぐそば」 違いは一目瞭然ですね 「緊」という字は音読みで「キン」と読む漢字です
世の中、国会答弁などで、現在はワクチンが討論されていますが、これなどはこそ喫緊の問題なんだと思います 最後までお読みくださりありがとうございました!. しかし、独立回復当初のバルト三国が喫緊の課題としていたのは、NATOへの加盟であった
「喫緊」は本来「吃緊」と表記されていましたが、「吃」の字が差別語として常用漢字の登録から外れたことで、「喫」の字が代用として当てられるようになったという経緯があります 喫緊という言葉が使われるのは非常に大きな事柄に対して使われることが多いと言われています
「直近」は、ニュースや政治家の発言などだけではなく、一般的にもよく使われている言葉です また、「喫緊の課題」は、いわゆる「お役所言葉」です
じゃあ「喫緊で」と言われることもよくあるのかと考えてみると、どうでしょうか 「口に入れる」「身に受ける」「〜される」といった意味を持ちます
ビジネスのデジタル化とバーチャル化が進み、消費者の嗜好が急激に変化するにつれ、パンデミックで生じた市場のずれが明らかにしたものは、長年課題としてあったトレンドへの対応を遅らせてしまう危険性と、積極的な戦略を策定できるというメリットです よって、 「喫緊の課題」とは「急いで解決しなければならない切迫した問題」を意味する言葉です
企業によって収益を得る事業や集客を図る事業はそれぞれですので1つの事業を複数の企業で協力して取り組む場合、その事業の重要性は個々の企業によって異なることがあります この2つを引き合わせると 「喫緊」 と言う言葉の意味が、できあがるんですね
いい言葉ではあるが、ではどうするのだ? 「近々(きんきん)」とは 「近々(きんきん)」とは、「そのうち」という意味の言葉で、未来のごく近い時期を指します いわゆるお役所言葉というのでしょうか、官僚や政治家が好んで使う言い回しです
「喫緊の課題」の意味 先ほど紹介したとおり、「喫緊」とは、「差し迫って重要なこと、またその様子」という意味です 喫緊の課題である
こういったことから緊急という言葉には今すぐに取り掛からなければならない重要な事項といった意味合いがあります ・The entering to overseas market is an urgent task. こういった状況をふまえて福祉政策は喫緊に対応すべき事案ですという表現を聞くことは珍しくなくなったと言われています
喫急という言葉は「急」という言葉が使われていることから、急を要して大切なことに追われているイメージを連想することができますが、喫急という言葉はないので注意しましょう 社員の働き方改革は喫緊の課題だ
そのほかにも、「身に受ける」「こうむる」を表しています そういった、最悪のことを考えると、かなり不安ですな
長期的価値の創出を目指して組織体制を整える CEOの半数は財務業績が短期的に低下するとしても、これらのイニシアチブを投資家が支持していると回答しています
31
ライフライン耐震化は喫緊の課題として取り組まれている。 周りに子育てを手伝ってくれる人がいなかったり、いざという時に頼れる人がいなかったりすると、急な病気などに対応できないということも少なくありません。 また「緊」には、「緊急・緊迫」にあるように「物事が差し迫っている」という意味があります。 加えて、青森県の人口増加は電力需要の増大にもつながったが、需要に応えるだけの電力設備に乏しく他県から電力を融通する有様だった。 切迫 せっぱく :期日などが間近に迫っていること• 火急 かきゅう :1分1秒を争うほど急を要すること• EYがグローバルで実施した最新のCEO Imperative Studyでは、パンデミックにより企業が進む軌道の分岐が加速しており、CEOはこの機会を捉えて変革を推進し、前進しなければ取り残されてしまうリスクがあることを示しています。
37