イージス ア ショア。 イージス・アショア配備、防衛戦略の議論が起きない不思議:朝日新聞GLOBE+

また、このニュースは今回の配備プロセスの停止とは関連がありません この年に北朝鮮は火星12号、火星14号、火星15号など大型のものを含む弾道ミサイルを16回発射、緊張が最高潮に達していた時期でした
たたみかけるように3日後、安倍晋三首相が「安全保障戦略の新たな方向性を打ち出す」と記者会見で表明した ただし本格的な開発ではなくまだ要素技術の研究の段階であり、今から本格開発するとなると実用化までに10年近くは掛かってしまいます
中国は北朝鮮とは比較にならないほど高性能な日本攻撃用各種弾道ミサイルを大量に保有している しかし、これだけ伸びている理由はなんでしょうか? アメリカと日本の防衛戦略のことを考えれば、2国にとってもかなり有用な政策のはずです
6月15日、日本防衛省はイージスアショア配備計画を停止しました もってまわった言い方をしているが、これは、現状のままイージス・アショアを設置したらブースターが住宅地に落下して被害を起こす可能性を認めたということだ
THAADでSM-3を運用可能に改修(開発期間、反対運動の問題) THAADの火器管制装置でSM-3迎撃ミサイルを運用できるように改修すれば、実質的に車載移動式イージスアショアが出来上がります
北朝鮮から発射された弾道ミサイルを探知しようと東台からレーダー波を出せば、西台が邪魔になる これは横須賀配備の日米イージス艦にも言えます
弾道ミサイルから身を守る方策 このような状況では通常、我が国も弾道ミサイルを装備し反撃、場合によっては先制攻撃する能力を手にして「恐怖のバランス」をとり、双方にとって抑止効果を生み出すことになる なおTHAADは防護範囲がSM-3より狭いので日本全土の防空には7個高射隊が必要となり、調達費用はイージスアショア2基よりも大きく跳ね上がることになる上に、大量に必要となる操作要員の確保も大きな難題として立ち塞がってきます
(文中敬称略). それを超えて「安全保障戦略の新たな方向性を打ち出す」と風呂敷を広げるなら、それ自体が必要な理由を正面から国民に語らねばならない 国産の新型迎撃ミサイル(期間、費用、人員の問題) 防衛装備庁より「高高度迎撃用飛しょう体」 ブースター落下問題を気にする自衛隊では、一段式の迎撃ミサイルで弾道ミサイルおよび極超音速兵器をも対処可能な「高高度迎撃用飛しょう体技術の研究」を行っています
民進党の足立信也政調会長(当時)は「国会での議論もないまま閣議決定で導入を決めたことや、補正予算に計上して既定路線化する手法についても到底納得できない」とのコメントを出した しかし新屋演習場は市街地と隣接しており配備反対の声が大きく、防衛省は住民への説明会で間違ったデータを提示するなど不手際が続いて配備場所の再検討に追い込まれつつありました
通常国会閉会を受けた6月18日の首相官邸での会見で、安倍首相はアショア導入停止に言及したうえで、こう語った 日本に着弾する可能性がある弾道ミサイルを大気圏外で迎撃する
34
この場合はレーダーの周囲に別の防空システムを配備する必要があります 2020年12月18日、日本政府は「新たなミサイル防衛システムの整備等及びスタンド・オフ防衛能力の強化について」と題する閣議決定を行い、その中で、イージス・アショアの代替案について、「イージス・システム搭載艦」を2隻建造し、それらをが運用すると決定した
プロジェクト全体では約4500億円を見込んでいたが、さらに膨れ上がる可能性も指摘されていた 当初は どうやら防衛省の緩み、例えば、地元の説明会で防衛省の担当者が居眠りしたことなど、地元の配備反対の姿勢を取り続けられてきた理由でもあるそうです
事実、東台は標高539・2メートルなのに対し、西台は570・6メートルと31・4メートルも高い だが、これは詭弁に近い表現だ
Mk72ブースターの燃焼時間は約6秒です 早く撃てば反撃は、第2撃が可能だが、ブースターの落下を計算して発射すれば、時間にロスが出る」 「ミサイルのブースターやロケットモーターは、バンドのようなもので締めてつないであり、火薬を爆発させて外すだけ
対北朝鮮弾道ミサイルへの防衛策なら日本海側に位置する他の演習場も候補になりそうですが、防衛省は秋田県内を軸に再選定を進める考えのようです 理由は山口県むつみ演習場への配備は海まで最短10kmと少し遠いので「迎撃ミサイルのブースターを演習場敷地内に落とす」運用だとこれまで説明して来たものの、ソフトウェアのプログラム改修だけでは済まずハードウェアの改修まで必要と判明し、多額の費用と長い開発期間が掛かるので現実的ではないと判断されたのです
さらに野党からは、「敵基地攻撃とは先制攻撃であり、攻撃的兵器の保有は自衛のための最小限度の範囲を超え、憲法を完全に蹂躙(じゅうりん)するものだ」として、保有は憲法に反するという声も上がっている 自治体のお気持ちもよくわかる