ユカタン 半島 クレーター。 白亜紀末に起きた天体衝突由来のイリジウム、クレーターの内部で発見(sorae 宇宙へのポータルサイト)

これは巨大なパラボラアンテナになるね。

一時的に姿を消した被子植物は花粉・種などの状態で保存され、地球環境が落ち着いた後に復活を遂げることができました。

特に、大量の食物を必要とした大型種から消えていったと考えられます 6500万年前の隕石落下によって、より大きな生命体が死んだことの直接的な初めての証拠だと指摘した
ふたつの事象を結ぶ証拠はこれまでにもあったが、ここまで見事に結び付けられたのは今回は初めてだ」と、レニ教授はGizmodoに語ってますよ チクシュルーブ・クレーターの場合、中心から約45kmの地点にピークリングが形成されているといいます
名称は中心付近の地名に由来し、で「悪魔の尻尾」という意味がある 当時、世界中に繁栄したいた恐竜は、この衝突の衝撃とその後の地球の環境変化により絶滅したと考えられています
人間はまだ生まれていませんでした 共犯関係だった 隕石vs. それにしても美しいクレーターだなぁ
有力視されている恐竜絶滅のシナリオは、次の通りです 2019年1月1日
79
その後、形成されたばかりの新しいクレーターの縁には、ヒマラヤ山脈よりも高い岩石層が隆起した 隕石が消滅したって?本当はもっと地下か深くにあるんじゃないの?? ここは私のお気に入りの場所です
「恐竜絶滅の原因=隕石衝突」説を決定的にしたのは、1991年、メキシコのユカタン半島沖に直径180キロメートルのクレーター 隕石の落下跡 が見つかったことです 衝突時に形成された直径約180kmのクレーターの内部の岩石試料を得て研究を行うため、国際深海科学掘削計画(IODP)の第364次研究航海による掘削が2016年に行われ、海底下1,335mに達し全長800mの柱状試料が採取されました
とはいえ、世界最大級のクレーターについては学界の見解はおおむね一致しており、それらを形成した小惑星の衝突は史上最大級の規模だったということになる 一般に、「鉄隕石」と呼ばれる隕石の一種です
今から約6550万年前に衝突し、衝突時のクレーターの直径は、170キロメートル~300キロメートルと考えられています その後は古第三紀となり、新たな生物相が繁栄するようになりました
しかしながら、天体衝突の爆心地付近に位置し、クレーター形成後の風化や浸食の影響がほとんど無い良質の岩石を用いた研究は、試料入手の困難さから極めて稀でした メキシコ・ユカタン半島のチークシュールーブ村を中心とする直径170-180kmもの巨大クレーターで、直径10-20kmの小惑星が衝突したと考えられています
有力な説は、隕石衝突説と火山噴火説 太陽光を生命維持に必要としない生命体だけが生き残った
だが、いざ調べてみると、物事はそう単純ではない チクシュルーブ小惑星の影響は、クラカトアよりもはるかに長く続いたことはほぼ確実だ、とグリック氏はニューズウイークに語った
同じように、クレーターの中央では岩石の頂上が天に向かって飛び出して、その後、再び地表へと崩れ落ちた 今回発表された調査報告書で言及された恐竜の化石は、寛骨の一部の1点だけだとし、さらなる研究を期待したいと述べた
86