綿 騙し 編 考察。 【ネタバレ】綿騙し編完結、アニメ『ひぐらしのなく頃に』8話感想・考察

35
ここで、後日談で話されたとき映っていたのは自動式拳銃であった 本当に人形アドだけで良かったと思ったんだろうか
つまり、詩音が登場したのはとで鉢合わせする日、電話で圭一をファミレスのデザートのモニターに招待した日と考えてよさそうです 梨花がいないのだ
入江診療所の改装については「猫騙し編」で解決 もしかしたら魅音の方から詩音にそうアプローチしているかも知れません
入江黒幕説 鷹野が自分の説を覆すような説を提唱するよりも、 同じ研究者が、対立する説を提唱することも考えられる 普通に考えればないだろうな、と思ってしまう
覚悟の込められた魅音の瞳を見て、圭一は魅音が何をしようとしているのかと疑問に思う さらに、一瞬ですが タレ目のカットがあるため、このシーンは 詩音で間違いないでしょう
6月12日 ゲーム大会 業5話 圭一達5人は興宮のゲーム大会に出ます 沙都子は、魅音が殺したように見せかけるために銃殺
ただ、これだと各編にて、園崎魅音、古手梨花、公良のおじいちゃんが死亡するはずである その意識は圭一は身をもって知っていた
ここからは、根拠があまりありませんが、 業の 詩音は悟史への恋心が薄れている、もしくは初めから恋をしていない可能性もあるのではないでしょうか? 鬼騙し編で悟史の名前が一度も出なかったこと、公式サイトにも乗っていないことが気がかりです 自身の目的の為に動きたい沙都子にとって、鉄平は自分の身を拘束する「邪魔者」である
93
人数が多いため3人ずつ5組の予選をするのはゲーム版通りです 北条悟史はたしか、沙都子に誕生日プレゼントを買ったとき雛見沢症候群Lv5を発症して入江機関で治療をうけていたはずである
「綿騙し編」においても富竹・鷹野が失踪していることから、 「鷹野の改心」というイベントは、沙都子が絡んでいるカケラでは共通して起こっていると考えられる 「悟史くんを痛い目に合わせた奴らに復習する」が「圭ちゃんを何が何でも守り通す」になった感じ
でも魅音は詩音であって、詩音は魅音であるとして、今作では入れ替わりしてなかって魅音は魅音で、詩音は詩音で・・・本当ややこしい! しかもフラッシュバック説を導入しているせいで、記憶の混濁も考慮しなければならなくなっている 鷹野の陰謀の存在 鬼騙し編にて、圭一と大石がファミレスで話していることから、雛見沢連続怪死事件は存在している
症状が悪化するにつれて、 雛見沢症候群Lv5を発症した世界の記憶 を思い出すようになる レナは梨花らの家で作りかけの夕食を見つけ、醤油が切れていることを見つけました
これはまさに「犯人キャラのまわりを説明すること=物語の解答」となってしまうからと考察する その他:生存(雛見沢大災害は発生しなかった) 今回のを発症はだった ラストシーンでの首に掻き傷が残っています
61