地震 予測。 全国地震動予測地図2020年版

地震動予測式は、地震の揺れに関係する効果を地球物理学の知見に基づいてそれぞれモデル化し、地震動強さの指標(例えば震度や地表最大加速度)と、地震の規模や震源と予測地点間の距離などのパラメータを結び付けた関数形を仮定した上で、過去記録を用いた回帰分析を行うことで得られる方程式のことです。 また、その解析法については、すでに特許も取得しています。 [ ] ・豪雨・台風と、被災地の現状をレポートするhappy-ok3 さんの考えさせられるブログです、 関心を持ち続けて欲しい と = 2021-07-05データによる、の予測マップと発震日確率予測 = []、[] を参照 赤マークは 東進Days発震で 東進ポイント、 青マークは 西進Days発震で 西進ポイント 東進Daysとはから満月前日まで、 西進Daysとは満月から前日までの日々 白枠オレンジがM5. しかしながら、まれな事象を予測することを機械学習は苦手としているため、データ中に大きな偏りを持つ不均衡データを学習した場合、機械学習による予測に偏りが生じる可能性が指摘されています。 地震調査研究推進本部地震調査委員会は、2005年公表のから、国民の防災意識の向上や効果的な地震防災対策を検討する上での基礎資料として活用されることを目的に、地震動予測地図を更新し公表してきた。 それに対し、平井さんは、こんなアドバイスをする。 学習データとして平成9年から平成27年までに発生した2082地震による計186,310の地震動記録を用意し、機械学習を行いました。 6月26日には、2018年度版の全国地震動予測地図が発表された。 6,493 KB• 「普段から地盤は隆起沈降し、東西南北に動いている。
43 92