プロポーズ 大 作戦。 『プロポーズ大作戦』最終回までの各話あらすじ・ネタバレ【タイムスリップ名ドラマ】

礼に貸していたCDの中に暗号文らしきメモがあり、健は、礼が用意してくれていたプレゼントを見つけることができました。 数年に1回、パーフェクト達成(全員、つまり5組のカップルが誕生する)があったり、全滅(5組ともカップル不成立。 なんだかシンミリした気持ちになりながら、その日礼が返してきたCDを聴いていたその時、健はふとあることに気づき・・・!? 「プロポーズ大作戦」3話のあらすじ またしても披露宴会場に戻った健(山下智久)は、次のスライドを見ていた。 後悔の念を抱えたまま、スライドショーの思い出の写真を見ていたその時、まばゆい光が…! すると次の瞬間、なんと過去に戻っていた? *「TSUTAYAディスカス」DVDレンタル方法から自宅に届くまでの流れや注意点を詳しく解説しています。 そのころエリ(榮倉奈々)は、バイト先のバーガー・ショーグンからパーティーに出かけようと準備していた。

後半(フィーリングカップル5vs5(-ごたいご)) [ ] 後半は「 フィーリングカップル5vs5(「ごたいご」と読む)」と題され、大学生が学校対抗形式で、それぞれ男性チーム・女性チームに分かれて5人ずつ登場し、集団お見合いをさせるというコーナーである。

その間に礼はひとりで研究室へ向かい・・・?! 「プロポーズ大作戦」8話のあらすじ 2004年の12月31日に戻った健(山下智久)は、「戻ってきたら協力する」と言っていた幹雄(平岡祐太)にタイムスリップしてきたことを伝える。

「ウッカリ解約日を忘れて料金が発生した・・」 なんてことにならないよう注意して下さいね。

エリに想いを寄せているツルが荒れるのを皆が気遣っているうちに、礼は一人研究室へと向かってしまいます。

ルールを知らない多田は、王様は何でも思っていることを言っていいのだと思い込み、なんとその場で礼に告白してしまったのです。

ともにフジテレビ連ドラ初主演のフレッシュなコンビで、思春期から大人になるまでの7年間の恋ごころと友情を明るいタッチで描きます。

」と叫ぶ様になった。