志村 けん 石野 陽子 就寝 コント。 じゃんけんホイホイ(ポイポイ)どっち引くの♪ ビームフラッシュ!

したがって、このパートを歌わずにジャンケンだけで終わらせても問題はない がモデル)が、選手たちを応援しながらこれまでの野球人生を振り返る
代わりに、志村がゲスト出演者とのトークを行うコーナーを設けていた 」の掛け合いで無事に収まるもの
また、当番組の終了と共に約5年間共演のなかった、いかりや長介と志村がドリフ大爆笑で共演をし、以降90年代末まで大爆笑内でドリフメンバー5人が全員揃って行うコントも復活した 第三回は再び桑野演じるボスを撃とうしたら、狙われていると気づき、騒いで逃げると思いきや、窓を開けて大きなを用意した
音響効果:戸辺豊• というのも、石野陽子さんと交際する直前まで、 志村けんさんには 心に決めた相手がいたからです 最後は、女将に呼ばれた二人が座敷の仕事でなく、広間の掃除や掃除といった雑用を言いつけられずっこける、あるいは嫌々その雑用をやる、で終わるのがパターン
売れないベテランの志村と柄本が愚痴をこぼし合うが、そのうち柄本が志村に自身が貸した銭や、立て替えた銭湯の湯上りの代や代を返せだのと、せこい金銭(金額はたいてい10円単位から100円程度と決まっている しかし、引っ掛け的な落ちで終わるバージョンには「せっかくの感動が台無しになった」など、批判的な感想もあったという
また、関東地区以外の日本各地区でもそれぞれ高視聴率を記録した 殺し屋のコンビは「ママお出かけの時間よ」、「うんそうね」と言って逃げた
13
志村ががとても高く非常に足が短いに扮し、悪者に襲われている娘を助けるが、その座高と足の短さゆえに、悪者を倒したのは良かったがどうも今ひとつ決まらず、ずっこけてしまう。 橋本マナミ• 」の掛け声で外側のリングを回した後、挑戦者がスイッチ操作でルーレットマンを回転させる。 に番組は若干のリニューアルを実行。 座高市 [ ] 『』のパロディ。 1991年秋以降、当時の会長がゴールデンタイムの番組改編を示唆するなど、番組を取り巻く環境は変わりつつあった。 。 泊まっていい? この年は、3月にTBS『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』が終了となるなど、志村にとっても過渡期を迎えていた。 番組終了後は『』が新番組として開始された。 形式ばったものがお嫌いのようです。 なお、の歌は「」からを得ている。
56