ブルズ 対 ウィザーズ。 【NBA】試合時間残り10秒未満で5点差という絶体絶命から2夜連続で逆転勝利が実現

ブルズには八村が今季初めて欠場した12月18日に延長で1点差負け。
その後も持ち味であるボールプッシュからのレイアップを沈め、シュートファウルを誘発してのフリースロー、トランジションの先頭を走りゴール下を決めるなど、第1クォーターから8得点を挙げる活躍を見せた ウィザーズが149-146で制し、連敗を4でストップした
今季はリザーブ起用のノアだが、1試合平均では約22分出場し、4. 「それでも闘志を燃やし、自分がいるべき場所に戻るため、決意を持って取り組むことができる選手がいるとすれば、それはヨー(ノア)だ」 2007年のNBAドラフトでブルズに加入したノアは、今シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になる予定で、もう二度とブルズの試合に出ない可能性もある マッチアップしたブルズのルーク・コーネット(24)は218センチのフォワードで、マッチアップした選手との身長差(15センチ)は今季最大となったが攻守両面で奮闘した
「この試合はクレイジーなゲーム さらに第2Qの8分2秒にもドライブインを試みたチャンドラー・ハッチソン(23=201センチ)のレイアップを背後からはたき落として2度目のブロック(今季5回目)
そして観ている人たちだけでなく、コート上の選手たちや彼らを見つめるコーチ陣、実況や解説をしびれさせるのがクラッチパフォーマンスだろう ブレイザーズやウィザーズの大逆転劇はどれだけ非現実的な出来事なのか 5秒にがフリースロー2本を沈め、ブルズが122-117と5点をリード
ウィザーズのラッセル・ウェストブルックとトーマス・ブライアントが戦線離脱 今季は7試合出場し、平均19. 【NBA】試合時間残り10秒未満で5点差という絶体絶命から2夜連続で逆転勝利が実現 ウィザーズが149-146で制し、連敗を4でストップした 32分出場してフィールドゴール(FG)を12本中7成功させて(フリースローは6本全部成功)、20得点と4リバウンドをマークしただけでなく、第1Qの3分28秒にはブルズのタディアス・ヤング(31=203センチ)が試みたゴール下のシュートを右手でブロック
アウト・オブ・バウンズになりそうな中で何とかウェストブルックへとつなぐと、稀代の万能型ポイントガードが左45度付近から長距離砲をヒット でもこの試合もそのなかの1つに入るね」というウェストブルックの言葉が、この日の試合を端的に表していたと言っていいだろう
その直後のディフェンスでは、ブレイザーズのギャリー・トレントJr. 1秒に同点とするも、ネッツはのジャンパー、ジェフ・グリーンのフリースロー1本、そして残り12. 今季ブライアントは10試合に出場し、平均15. その後、ビールがディープスリーを放り込んで2点差に追い上げると、のスローインをギャリソン・マシューズが執念のスティール それは天文学的な確率であるほど非現実的なことであり、そのような出来事が今後のNBAで起こる可能性は全くといっていいほど保証できません
ノアの肩を固定するためのリハビリプログラムについては、詳細が明かされていないものの、完治するけがだという そこからディフェンスで持ち直し、ビールの得点を軸にダービス・ベルターンズの3ポイントシュートなどで反撃
第4Qの7分23秒にはフリースローを2本成功して20得点目 八村のいない2試合はいずれも落としていたが、背番号8が戻った3度目の対戦で雪辱を果たした
16
勝率にして0. その後、ビールがディープスリーを放り込んで2点差に追い上げると、ジョー・ハリスのスローインをギャリソン・マシューズが執念のスティール 8リバウンドを記録していた
『numberFire』によると、カイリーがフリースローを沈めた時点で、ネッツは97. 5秒にがフリースロー2本を沈め、ブルズが122-117と5点をリード 95パーセントの確率で勝利するというデータがあったのだが、ウィザーズは見事にその予想を覆してみせた
7秒にビールがフリースロー2本を沈めて勝負あり でもこの試合もそのなかの1つに入るね」というウェストブルックの言葉が、この日の試合を端的に表していたと言っていいだろう
95パーセントの確率で勝利するというデータがあったのだが、ウィザーズは見事にその予想を覆してみせた 前半で14得点をマークし、後半に入ると2つのスティールもマークし、ブルズのオフェンスを要所で寸断してチームに流れを引き寄せた
なおウィザーズは12日に敵地ニューヨークで球宴前の最後の試合(対ニックス)に臨むことになっている 第4クォーター序盤に10点差をつけられるも、ラッセル・ウェストブルックとブラッドリー・ビールが最後の12分間で計37得点(チーム全体で48得点)の猛攻でネッツに襲い掛かる