時期 時季。 【時期】と【時季】と【時機】の意味の違いと使い方の例文

春夏秋冬という季節の中で、最もそれを行うのに相応しい季節や、盛んに行われる季節を言い表すときは「時季」を使用します。

「桜の時期」「桜の時季」というように、「時期」と「時季」の両方を使用することができる場合もありますが、 「桜の時期」は、「桜が咲く期間」「桜が咲いている期間」という一定期間を意味しています。

これが一番のヒントです。

季節を連想できるような言葉のことで、例えば「入学式」と言えば「春」を連想するような言葉です。

【時季】季節の特徴があらわれる時• 「桜の時期」「桜の時季」というように、「時期」と「時季」の両方を使用することができる場合もありますが、 「桜の時期」は、「桜が咲く期間」「桜が咲いている期間」という一定期間を意味しています。

特に、一年のうちで、物事のある特色が現れる季節。

また、夏の雷と冬の日本海側の雷について時刻ごとの検知数を比較すると、夏は午後から夕方にかけて明瞭なピークを持つのに対して、冬は昼夜を問わず雷が発生し時刻による特徴がはっきりしません。

15
日本語にはまだまだたくさんの「同じ読み方でも意味が違う」漢字がたくさんあります 特に あることを行うのに最適な時を指します
・4月に入り入学時期がやってきた ・祭りの時期 ・今は時期が悪い ・時期尚早 ・公開時期 「入学時期」や「祭りの時期」というのは、どこか特定の日を指すわけではありません タイミングもチャンスも、瞬間的なもので、それを逃したら次はありません
「寒いじき」で「冬」という季節を強調したいのであれば、「寒い時季」と書くことも間違いとは言い切れないが、普通は寒い期間を表すため「寒い時期」と書く 雷は夏・冬を問わず発生しますが、夏(6~8月)は、関東や中部、近畿地方を中心とした広い範囲で多数の検知結果がみられ、年間の総検知数の大部分を占めます
区別するのが難しい「時季」と「時期」を比べた際に、 「時季」という言葉の意味を際立たせているのは「 物事のある特色が現れる季節」という点です 時季の例文. 着物も「衣服」ですから「健康的に過ごし身体を守る為の衣服」を着ていて健康を害していては元も子も有りません
特に、あることが盛んに行われる季節や、そのことをするのに最もふさわしい時期 また、「じきそうしょう」と読んだり、「時期早尚」と書くのも誤りである
タイミングであってチャンスではないめ、「時機尚早」ではなく「時期尚早」と書く 逆に、本来は季節という意味合いを持った時季という言葉の方は、あまり使われません
現在日本列島には、明治期の新旧暦の切り替えの影響で 3つのお盆の時期が見られるのです 共に「時」にまつわるこれらの言葉は、それぞれどういった場合に使うのが正しいのでしょうか
【時機】ある事を行うのに最適な時 「時期」「時季」「時機」の違いと使い分け方を言葉の意味から理解する 「時期」「時季」「時機」の違いはどこにあるのか また、対地放電と雲放電の割合(黄色)を見ると、冬は対地放電と雲放電の比率はほぼ同じで、1:1程度ですが、夏は対地放電1に対して雲放電が5程度と雲放電の割合が大きくなっています
81
また 季節の特徴が現れる時を指して用いられる事もあります。 また、やや砕けた言い方ですが「時期感」という言葉も一部で使われています。 「チャンス」と言い換えることができる場合は「時機」を使い、「チャンス」と言い換えると不自然になる場合は「時期」か「時季」を使う。 「季節の特徴があらわれる時」と言い換えた方がわかりやすいかも知れません。 日常生活でよく聞くのも、こちらが多いと思います。 この場合の時期は時機に意味が限りなく近くなります。 「時季」の使用例 時季の使用例は以下の通りです。 「時期」は・・・季節やシーズンには関係のない事柄で使います。 夏の雷は、広範囲に発生し長時間継続する特徴があります。 この言葉がよく使われる場面としては、一年の中のある一時期を表現したい時などが挙げられます。
72