小泉道子 離婚。 編集部員も泣いた!「小泉純一郎の弔辞」全文掲載

窓口には、ほんとうにいろいろなお悩みが持ち込まれるそうです。

元夫は当初反対しましたが、最後は「子供のためにも、自分も自分の足で立ったほうがいい」と離婚を受け入れました。

純一郎氏も「小泉家を守る」ことが道子さんの生きがいだったと話していたようです。

しかし、小泉純一郎さんと宮本佳代子さんは結婚から5年後の 1982年に離婚。

これは、孝太郎、進次郎の精神安定に大きく寄与していたと思っております。

97 67