若紫 と の 出会い。 『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説4

祈祷後に外に出てみると、僧坊(お坊さんが生活する建物)がいくつかあるのが見えます。
27 故姫君 名詞。 と申し上げるうちに、. 係助詞「ぞ」に呼応している。 (若紫との出会い) 「黒=原文」・「 青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 日もいと長きに、つれづれなれば、夕暮れのいたうかすみたるに紛れて、 日もたいそう長いのに、何もすることがなく退屈なので、(光源氏は)夕暮れでひどくかすんでいるのに紛れて、 かの 小 こ 柴垣 しばがき のもとに立ち出でたまふ。 美しい山の景色の中で、一向は出発前に音楽を奏でます。 簾を少しまき上げて、花をお供えするようである。 14 よう ク活用の形容詞「よし」の連用形。 この 上 かみ の 聖 ひじり の方に、源氏の中将の、 瘧 わらわ 病 やみ まじなひにものし給ひけるを、ただ今なむ聞きつけ侍る。 故姫君は、十ばかりにて殿に後れたまひしほど、いみじうものは思ひ知りたまへりしぞかし。 源氏物語のあらすじ~若紫1~ 源氏物語の中でも有名なのがこの第五帖「若紫」です。 二つ目は若紫を強引に引き取ってしまうこと。