宇都宮 線 運用。 Tokyo North

小山駅を出るとが西に分岐し、左手にや羽川付近では右手に大沼を見ながらに入りに着く 下り最終列車は、大宮駅(0時08分発)で、新宿および東海道線横浜方面からの終電、湘南新宿ラインからの高崎線直通高崎行きとの相互接続を行う
静岡支社管内の運用情報は・・・• 日光線優等列車沿革(東京 - 宇都宮・日光)…• ここから現在の蒲須坂駅北側約700mまでの区間は当初宇都宮駅から北進し、・を経由するルートで建設されたが 、夏季の鬼怒川の大水により護岸工事や橋脚の改修工事などに多額の費用を費やしていたため、1897年(明治30年)2月25日に現在の岡本駅・宝積寺駅・氏家駅を通るルートに変更された 高崎発宇都宮・黒磯行きは、小山駅で先発する上野発宇都宮行きに接続し、午前の黒磯発高崎行きは、小山駅で後続の宇都宮発上野行き・宇都宮発快速逗子行き・宇都宮発上野行き・宇都宮発逗子行きの4列車の接続を受け、午後の宇都宮発高崎行きは、小山駅で後続の小金井発上野行き・小金井発大船行き・黒磯発上野行き(平日:通勤快速、土休日:快速「ラビット」)の3列車の接続を受けていた
10月1日:開業 烏山線は非電化であるため、蓄電池駆動電車()で運行される
:宇都宮駅 - 黒磯駅間が運転再開 上野駅 - 小金井駅間には、115系普通車のみによる15両の長編成、上野 - 宇都宮・黒磯間でも11両編成と高輸送力を有する普通列車が数多く往来した
:大宮駅 - 間および中田仮駅 - 間開通 253列車(上野発大宮行き:3等車のみ、8時25分)• 703列車(上野発山形・秋田廻り青森・一ノ関行き、6時00分)• 5本の線路を跨ぐ踏切を通過し東武野田線を東に分けて、直線区間を進む
快速「ホリデー快速ベイ・ドリームMAIHAMA」( - 2003年)・「マリンビュー舞浜」(2003年 - 2004年)• に入り、マンション群が見えてくると左にカーブしてに着く 詳細は各列車項目を参照
小山車付属編成は高崎線・東海道線から撤退 隔年で開催される「」に合わせて運行されている
ver0. のを使用し、2004年と2006年はそれぞれ別デザインの専用ヘッドマークが用意されたが、2005年のみは「臨時」表示であった バックナンバー• 宇都宮~黒磯間は殆どが同系列による運行になった
次に渡るとの間の低地は、かつてだった地域であり、が所在している 227列車(上野発日光・黒磯行き、7時20分)• 15両編成の横須賀発、久里浜発は、逗子駅で付属編成を連結します
7
これ以外に、関連リンクに挙げた「東京通過思想」には直通運転の利点として、「上野・東京駅から乗り換え客が分散することで、駅の混雑緩和につながる」、「ダイヤのパターン化が実現される」という興味深い記事が掲載されています :上野駅 - 宇都宮駅間が運転再開
列車は林間にを見ながら直線区間を走り、高架に上ると2面4線のに着く 同構内は電化部分と非電化部分が混在することもあって、客車の入れ換え用機関車としてや()が常駐する
01 *基本編成 モノクラス運用終了 逗子・上野 ~ 宇都宮・前橋 *グリーン車付 逗子・上野 ~ 黒磯 伊東・沼津 ・上野 ~ 東京・前橋 *純国府津車 逗子・上野 ~ 宇都宮・前橋 *小山区の貸出車 熱海・山北 ・上野 ~ 東京・籠原 宇都宮線上野発着から小山車モノクラス編成 G車無 が撤退、全線にて廃止 :夕方の池袋駅始発の列車2本を新宿駅始発に変更
通常の列車とは違い、一度停止信号で停車してから誘導信号機によって増結作業を行います 、、(内)なども所在する
太平洋戦争後、日光線では早朝の下り列車と深夜の上り列車あわせて1往復をのぞく11往復すべてが上野駅始発終着で直通運転されたが、1958年(昭和33年)4月14日のダイヤ改正で上野 - 宇都宮間が電化され電車が投入されたことに伴い、非電化であった日光線への直通列車は下り6本上り8本に削減され、代わりに気動車準急「日光」1往復が発着で日光線に直通するようになった 下野市内の走行距離は10kmに満たないが、この区間に駅が3つ存在する
:浦和駅に旅客線ホームを新設、朝夕ラッシュ時のみ停車を開始 (大正10年):蕨駅 - 浦和駅間の小谷場信号所廃止
宇都宮線は大宮を境にして「く」の字型になっており、高崎線の大宮を分岐点として後から建設されたことが表れています 既に、同地区に商業施設を展開させ、さらに山手線の新駅を設置する計画が公式に発表されています
(昭和36年)12月15日:岡本駅 - 宝積寺駅間複線化 運行形態 [ ] かつて東北本線が非電化であった時代には特急・急行列車も含め・を始発終着とする客車列車がまでの長距離を走行していたが、その後のと相まって鉄道輸送も高速化・速達化が図られ、中距離輸送ではやなどのが、さらに電化に伴いや電車が投入されると、上野駅 - 宇都宮駅・間を運行する電車列車が徐々に増発され、115系や電車が普及すると客車運用されていた従来の長距離も黒磯駅を境に運用が分けられ、上野駅 - 黒磯駅間は115系・165系といった直流電車での運行に置き換えられ、これにより黒磯駅を跨ぐ普通列車は全廃された
16 *ダイヤ改正 上野 ~ 宇都宮・前橋 *グリーン車無 逗子・上野 ~ 宇都宮 *グリーン車付 逗子・上野 ~ 黒磯 伊東・沼津 ・上野 ~ 東京・前橋 *純国府津車 逗子・上野 ~ 宇都宮 *小山区の貸出車 熱海・山北 ・上野 ~ 東京・籠原 *純国府津車 逗子・上野 ~ 黒磯 *小山区の貸出車 グリーン車正規デビュー 229列車(上野発日光・仙台行き、9時10分)• 設定当初より停車駅は変更されておらず、上野駅 - 宇都宮駅間の所要時間は1時間29 - 39分で、当初(1時間40分前後)より若干短縮されている
京浜東北線寄りの下り線は上野駅5番線、中央の上り線は同6番線、外側の回送線は同7 - 9番線につながっており、付近でそれぞれ目的の線路へ転線し、上野駅へ到着する 朝ラッシュ時間帯の上り列車は、大宮駅より北では4分間隔、大宮駅以南では3分間隔で運転される