ブルー ビーム 計画。 【プロジェクト・ブルービーム】ホログラムを利用した人類奴隷化計画

まとめ その後の世界は、マイクロチップを全人類に埋め込むことで、人々を直接コントロールし、昔の思想を信じる人たちは居なくなり、反抗勢力も消えていくそうです。 また、11日からは約30年ぶりとなるシリーズ最新作にして正統続編『ゴーストバスターズ/アフターライフ』も全国の劇場で公開されており、オリンピックを目前に控えた日本で幽霊退治熱が高まりつつあるようだ。 ありがたい。 1970年代から~出産直後に失踪した女児、1億4260万人で、その8割が中国とインド。 ブルービーム計画とは 「地上や人工衛星にある投影機を使って空中にビジョンを映し出し、それによって人類を支配する」ことを目的とした恐るべき計画なのだ。 また、数十年前から軍事や警備などで使用されている指向性のある音響兵器(LRAD)なるものが存在し、実戦に配備され使用されているといいます。 ある日突然、自分にだけ神様の声が聞こえてきたら、誰だって自分を特別だと思い込み、それを信じてしまうでしょう。 そうすることで人間同士での争いが生まれ、逃げる人や殺しにかかかる人などが出てきます。 ブルーフィルム計画ではなく、ブルービーム計画です。 それぞれの派閥が、自分たちの救世主(666)を考えていたはずだからです。
76