ライセンシー 意味。 わかっちゃう!知的財産用語 内容

加えて、サブライセンシーに対して秘密保持義務が課せられ、その責任についてライセンシーが負うことが記載されることも多く、ライセンシーとしてはサブライセンシーまで契約事項を遵守するよう管理が求められることがあります。 それが 「子会社、提携企業が製造・販売をおこなう場合」です。 ライセンス契約を取り巻く関係を商品販売ルートの関係に例えるなら、ライセンサーは製造業者、直接のライセンシーは卸売業者、ライセンシーから許諾を受けたサブライセンシーは小売業者にあたることになります。 権利者も、権利の活用先や活用方法を見出してくれる窓口として、ライセンサーとライセンス契約を結びます。 まあ、慣れればこんなことを いちいち考えなくても大丈夫です。 あわせて読みたい. 何の権利も持っていない者が他人の特許発明や登録商標などを使用すると権利侵害となりますが、ライセンス契約をして実施権などの許諾を受ければ、これらを合法的に使用することができます。 卸売業者が、小売業者に商品を販売するように、ライセンサーは、サブライセンシーに権利を有償で許諾することができます。 ライセンサーの窓口としての能力に応じて、ライセンサーの収入が上がり、それが最終的には権利者の利益に結び付くような仕組みであれば、Win-Winの契約、ということになります。 * * [関連事項と経験談] 1 ライセンス契約の一般的な話しでは「ライセンサー」,「ライセンシー」と言いますが、弁理士や企業の知的財産部門の仕事上では具体的な案件に基づいて、「特許権者」,「実施権者」のように言うことの方が多いと思います。 ある知的財産権について、権利者から実施の許諾を受ける契約をライセンス契約といいます。

しかし、サブライセンス契約を締結する相手を限定しないことを許容してもらうためには、綿密な交渉が必要になります。

これは、「ライセンス契約」のライセンシーが、同時に「サブライセンス契約」のライセンサーとなって自由にビジネスを拡大でき、その収益も予想外に大きくなる可能性を含んでいるためです。

自社の業務範囲が限られる、あるいは事業拡大を企図して、様々な協力会社と連携することで企業活動を行う企業では、当然の流れで他の企業に協力を求め、ビジネスの継続や拡大を行おうとしているだけなのに、その他の会社の行為が権利侵害となってしまう等ということがあり得るのです。

つまり、権利者がライセンス事業によって収益を確保したいと考えた場合、多数のライセンシーと契約を結ぶことは非常に手間がかかります。

サブライセンス契約が予定されているときには、「ライセンス契約」において、サブライセンス契約を許容してもらう条項=サブライセンス条項を加えるように交渉しましょう。

サブライセンス契約によって得た利益を、もともとの権利者にどのように還元するのか、というところが交渉のポイントになるでしょう。

)は、「ライセンサー Licenser 」といいます。

おさらいになりますが、権利者が、権利の内容の実施を第三者に許諾する契約が『ライセンス契約』です。

31
また、サブライセンス契約は、もとのライセンス契約の影響を受けるという特徴があります。 そこで、自社の製品を様々なところに納めてくれる、流通の専門企業である卸売業者に製品を卸すのです。 つまり「***er」は「***する人」、 「***ee」は「***をされる人」という意味があるようなので、 「Employer(エンプロイヤー)」 は 「Employ(雇用)をする人」、 「Licenser(ライセンサー)」 は 「ライセンスをする人」、 一方、 「Employee(エンプロイー)」 は 「Employ(雇用)される人」、 「Licensee(ライセンシー)」 は 「ライセンスをされる(受ける)人」、 の様に対比させることにより思い出せます。 わかっちゃう!知的財産用語 内容 わかっちゃう ! 知的財産用語 特許,商標,著作権 等に関する用語辞典 ライセンシー Licensee ライセンシーとは、 ライセンス契約により知的財産権やノウハウ等について、実施権,使用権,利用権などの許諾を受ける人のことです。 ライセンス契約によって実施の許諾を受けたのは、契約書に記載があるライセンシーであって、子会社や提携企業が許諾を受けていない場合に、この子会社や下請け企業が製造や販売をおこなうことは許諾の範囲外となってしまい、権利侵害が発生してしまうことになります。 ここでは、ライセンス契約とサブライセンス契約の関係について解説していきましょう。
53