チョコ 湯煎。 チョコの湯せん ぼそぼそにしないコツ&失敗からの復活方法

動画では、早めのタイミングでチョコを、 混ぜ始めているのですが、より失敗の確率を、 低くしたいのであれば、ここは じっくりと待つところ。

沸騰させると、 まずクリームの香りが飛んでしまいます。 スポンサーリンク 湯煎したチョコを固まらないようにするには? 湯煎したチョコを固まらないようにするためには、いくつかポイントをおさえておくと安心です。 チョコを溶かす前に刻む理由 チョコを溶かす前には、 チョコレートを刻むなどして小さくするのが基本。 チョコレートを湯煎しやすい状態に準備する• 高すぎるとすぐ溶けてよさそうに思うでしょうが、チョコが変質して風味が飛んでしまうので、気を付けてくださいね。 レンジを使っている最中はチョコをレンジで溶かす事が出来ないので、このやり方でチョコを溶かしています。 スポンサーリンク チョコレートの湯煎でうまく溶けない原因は? チョコを溶かすために湯煎にかけて失敗するパターンはいくつかあります。 チョコは水分と混ざるとバランスが崩れて、分離したり固くなってしまいます。 まとめ チョコレートを溶かす方法で、正統派はやはり湯煎です。

私も一度溶かしすぎて色がまだらになってしまったという失敗をしたことがあります。

湯煎するときに使用するお湯はなるべく50度を保つようにするとチョコが固まることがありません。

別のお菓子に入れてチョコレートを再利用する(再利用) 湯煎しているのにとろとろにならず、一度チョコレートが分離してしまうと戻すことは結構難しいのです。

近ごろレンジでチョコを溶かす方法もよく紹介されていますよね。

このとき、チョコレートが冷えすぎていると、 かなりの力が必要で、指を切ってしまう危険もあるので、 冷蔵庫に入れている場合は、早めに出しておくのがgoodです。

チョコが水蒸気を浴びても、その水分がチョコに混ざって固くなりますよ。

この2点さえ守れば、失敗はしないはずですよ! また、 個人的に避けた方が良いと思うのは電子レンジでの加熱です。

ネット上では湯煎の水分がチョコレートに入ったら、その部分だけを取り除けば大丈夫とよく書いてあるんですが水分の取り残しがあるとブルーム現象が発生し白いブツブツが出てしまったり、マーブル模様が出てしまい、口どけの悪いチョコレートになってしまいます。

給湯器が60度に設定できるので、そのお湯を使用しました。

21