専従 者 控除。 専従者控除を受けるには? 白色申告者の方は必見!

9
白色申告では「専従者控除」、青色申告では「専従者給与」の制度が活用できる• (1)個人事業の開廃業等届出書• どこに申し込めばいいのか分からない 納税者と生計を一緒にしている• ・青色申告の場合 青色申告では、簡易簿記と複式簿記の2種類の記帳方法が用意されおり、それぞれ得られる特典が異なります
しかし、実際の中身としては下記の様に税金の控除額等が異なります 労働の対価に見合う金額であること 専従者に支払う給与は、同様の職務内容や職種と比較し、不自然でない、常識の範囲内での金額である必要があります
従事の程度に関しては、「毎日〇時間程度」「平日〇時間程度」などと記載します 届出書を提出していない場合は、白色申告になりますが、青色申告へと切り替えることが可能です
手数料 不要です なお、過大とされる部分は必要経費とはなりません
「親族」というのは、イメージとしては、親戚を含めた家族のことと考えてください 仮に8月に開業した場合は、8月~12月までの5カ月間しか従事していないことになるため、白色事業専従者控除の要件に当てはまらないことになります
・資格等 保有している資格について記載します ですから、設定金額は、妥当性のある適切な給与額にしましょう
47