オリンピック 中止 違約金。 山口二郎氏が指摘、東京五輪中止で賠償金判決が出ても「誰が強制執行するのか」(デイリースポーツ)

52

たとえば、2013年のIOC総会で東京都がプレゼンテーションした「お・も・て・な・し」を提供するのも、契約上の義務の一つということになります。

IOCと開催都市・東京都の契約によると、オリンピックの開催契約を解除し中止する権利は、IOCのみにあり、東京都にはありません。

今回、IOCとの契約の危険性が表に出ることとなりました。

実際はどうでしょうか? 「最近、そういう質問が増えているが考えたことはない。

コロナ禍を理由とした東京五輪中止によるIOCに対する違約金は発生しない思われる• 香港からは 「もし東京オリンピックが中止になったら電通に放映権料の払い戻しを受ける」と言われています。

IOCに反対して日本が開催を辞めるには「この開催都市契約の様々な取り決めのもと、もし日本が一方的に契約を解除する場合、それによるリスクや損失はもっぱら地元の組織委員会のものとなる」と日本が大きな損失を負担しなくてはならない。

10
あるのかどうかも、見当つかない」との見解を示している。 中止によって、直接的な収入減に直面するのは組織委員会• だが、"本旨"は、そこではない。 こんなことがあって良いんでしょうか。 「オリンピックは最大のスポーツイベントで、日本とIOCにとっては放送権とスポンサーシップという意味で数十億ドル規模がかかっている。 同じような事が世界中で起きていて、訴訟大国アメリカだって動いています。 Contents• 中止にしたら莫大な金銭的な損が生じることになり、誰かがかぶらなけばならないことは確かです。 開催に「確信が持てない」 ニューヨークタイムズでは日本とアメリカ、ヨーロッパの主要国で感染拡大が広がり、国際オリンピック委員会のIOCの間で、安全な五輪開催は不可能との声が出始めたと報じています。 「国民の生命を守るために中止したと開き直れば世界の世論は支持してくれるはず。
86