ホジュン 61 話。 ホジュン~伝説の心医~第62話あらすじネタバレ!無料視聴する方法も解説 | 韓国ドラマ情報局

ドジの口添えもあって許されたジュンは明に旅立つ。

9
ドジがやってくる。 そんな中、光海君と王妃の息子である永昌大君が同時期に不調を訴える。 第52話 湯薬房への左遷• イェスが、家で患者の治療をしたのは本当かと聞く。 門の前で番号札を渡すホジュン。 王から許可をもらったジュンは、ミョンウォンとサンファを伴い、明国へ旅立ったのである。
99
そこで、そなたに助けてほしい そして殿下に対し永昌大君を世子に任じるように言う
ホンチュンは、私は、医官の過ちを押し付けられてヘミンソに追いやられたと涙を流す 宮廷では懐妊した王妃が足の痛みを訴えていた
担当の医女ソヒョンも王妃の懐妊を否定し一件落着する 板挟みになったジュンは「御医を辞めたい」とドジたちにこぼす
ジュンと医女セヒの口を封じればいいと、チョン大監は2人を呼び出して「王命書の存在を忘れろ そして、ヘミンソの医官を増やすから、新人で優秀な医官を送れと命じる
・・・ゴンニャンを除いて ハマンの子供も発疹が出てやって来るが、ジュンは、順番を守るようにと告げる
第31話 怪しい誘い• 恵民署で苦労するイェジンを見ていられないドジ ジュンは光海君派のチェ・ミョンゴルから、わざと治さないのかと疑われるが、光海君はジュンを信じる
王妃が想像妊娠だと所見を述べたジュンに、重臣たちは不敬だと騒ぎ立てる そんな中、王妃が浮腫を患ってしまう
同じ頃、光海君が頭痛を訴えるが、ジュンは王妃の息子・永昌大君を診ることになり、それを知った光海君は寂しく思う ホンチュンは、私は、医官の過ちを押し付けられてヘミンソに追いやられたと涙を流す