デンゼル ワシントン。 全43作品。デンゼル・ワシントンが出演した映画ランキング

(が第89回・第91回において助演男優賞を受賞し、デンゼルに次ぐ2人目の快挙となった でも、そんな1960年代の精神を持ったまま、いまだにその精神で行動していた人たちが、現代ではどんな状況下に置かれているのか知りたかったんだ
共演に人気女優クロエ・グレース・モレッツ ハリウッドにおけるアフリカ系の俳優といえば、かつては脇役しか演じる機会を与えられなかったが、そんな慣習を打ち破ったことで知られるのがデンゼルだ
The film takes an unexpectedly bloody twist at the end. には、監督、製作を務めた『』でアカデミー主演男優賞と、プロデューサーとしてにダブルノミネートされた また他にも理由があります
この監督もアツい映画を作る監督として有名であり、デンゼルワシントンとの相性もバッチリ でも、そのことを知っている人はほとんどいません
撮影は「悪魔のくちづけ」のフィリップ・ルースロ SSケース(直径39mm、厚さ8. 2002年 ジョンQ -最後の決断- 主演• 保守的な田舎町のフットボール・チームをめぐる実話を映画化した感動作
その後、社会派の伝記映画『』の役に抜擢され、オスカー俳優の相手に一歩も引けを取らぬ見事な演技を披露して、社会派の黒人俳優だと世間に認識され、にノミネートされた ローズ・クリークの町の住人は荒れた場所を開拓して平和に暮らしていた
しかし、その一部始終を見せられた新人のイーサン・ホークは正義感が強く、何が善悪なのか分からなくってしまう 2006年 インサイド・マン 主演• 2009年8月、映画『』ののため来日した際、を訪れ、そこでアナウンサーがデザインしたを気に入り、娘達へのお土産に選んだ
86
2007年 アメリカン・ギャングスター 主演• マルコムは現在に通い、をプレイしている ローマンのキャラクターはそこからできあがっていったんだ」と答えた
息子がこの大学のバスケットボールチームでプレイしているので、よくここに来る機会がありました しかし、その犯人は意外な人物であった
アメリカの劇作家オーガスト・ウィルソンによる、ピューリッツァー賞などを受賞した名作戯曲「フェンス」を、10年にリバイバル上演された舞台版で主演し、トニー賞主演男優賞を受賞したワシントンが、自らのメガホンで映画化 1996年 戦火の勇気 主演• アリゲーターストラップ
その独裁者は探し求めている本があり、その本がまさにデンゼルが西へ運んでいる本であることに気付く もっともユーモアのセンスや話題が豊富で、誰とでもすぐに打ち解けて会話をはずませてしまうのがワシントンという男
1992年 ミシシッピー・マサラ 主演• けれども私は「失敗に備えておく」というその言葉の意味を理解することができませんでした 2012年 フライト 主演• この映画は、映画批評家のロジャー・エバートからは「間のとを煽っているだけだ」と強い批判を浴び、一方でのからは、「に作られたの内最も素晴らしい作品10本に入る」と評された
1987年 遠い夜明け• 続編に期待 同作品は、2月にで撮影が開始され、1月15日に全米公開された
彼の人徳を伝えるエピソードも数多い マヤの性格ついては「常に、自分の周りの人とつながっていて、同情的で、ピュアな人生を生きようとしている
、『 』で主役のトロイ・マクソンを演じ、を受賞した 日本のバラエティ番組「」に出演した際、日本の映画ではの映画作品が好きだと語った
26