怖い話洒落。 怖くていい話

合コンでひょんなことから改名の話になったんだが、偶然そのメンツに改名をしたことがある奴が二人いたんだ。

充実した日々を過ごす彼らだったが、「誰もいない筈の二階」に興味を持ったことで状況が一変する 郵便局の深夜バイトをやってたときの話
14位 拾った石 【長編】 不思議な石を拾った直後から、投稿者の周辺でおかしな出来事が多発するようになる 家の中を調査した後に、一人が私にこう訪ねました
風習があったとしても、普通簡易化するか廃れるもので、実際に改名まで行く事はやはり珍しい 壁紙が破れないよう上手に剥がすことが出来ると、日焼けした時に肌がペロンとめくれた時のような、爽快感が味わえたんです
顧問の出身は山陰の山奥で、私たちも行った事があるのですが、本当に山村と言う言葉が似合う場所でした でも、親から実生活に困るからって、戸籍上はミキとかユキとか普通っぽい名前になってた
「さすがに赤んぼ放置して熟睡は、Bさんの潜在意識が拒むんじゃね? アレ、Bさんの意識とカンペキ無関係って訳じゃないと思うよ 「キッチンをベッドルームに改装しよう! 「これまでに剥がした壁紙はどこにありますか?あなたが剥がしていたのは紙ではありません
どれだけ時間が経ったのか、誰も動かずに待ち続けて、ようやく中の音が小さく まばらになってきたとき 44位 【短編】 何の気なしに「」というビデオを購入したA
……その後、Aが目を覚まして動けるようになり、眠り込んでるBをA宅へ移した上で B夫を呼び、AがBを引き渡しました 「ちょうどいい、今年のXXXはお前にしよう
トイレには白い服の男、倉庫には赤い顔の女が出てバイトの人達全員. 「チャーリーと一緒じゃないと、何をやっても退屈なんだ」と文句を言うと 「チャーリーはもっとつらいんだよ」と言われた 叔父に連れられ行った山奥の別荘で二人に恐怖が襲う
「ボウズ、お前、一人か?」と顧問は驚きと怖さで喋ることができなかったそうです さっきHと喋ってたIの声
4位 鏡の中のナナちゃん 【中編】 不思議な少女ナナは、鏡の中だけにしか現れない 444件のビュー• その友人は8階建てマンションの最上階に住んでいました
(林業やってると怪我が多いけど、血が流れる怪我がほとんどない) 自称霊感のある子からは、「一生悪いものに憑かれない位守られてる」とか言われたけど、実感はない 一昨年まで住んでいたアパートの話
64