エフ フォーリア。 JRA C.ルメール「ダービーホースですよ」”強奪”未遂エフフォーリアに未練タラタラ……藤沢和雄調教師のラストクラシックですれ違う「黄金コンビ」の思惑

デイリースポーツ 2020. 父である横山典弘が騎乗予定であったリオンリオンが、典弘の騎乗停止のため息子の武史に回ってきた格好だ 思ったほどペースが流れなかったので、いいポジションを取ることができました」 そう話した横山は、馬場の傷んだ内目を走らされることを特に気にしている様子はなかった
外部リンク [ ]• - キャロットクラブ. グレード制が導入された84年以降、皐月賞で2着に3馬身以上の差で圧勝した馬は85年ミホシンザン、94年ナリタブライアン、11年オルフェーヴルの3頭のみ ご存知のように彼の父親は同じジョッキーの横山典弘
デビュー3年目ながら61勝は、堂々の関東リーディング 5秒以上つけての勝利は平成以降では1994年および2011年 東京開催 に続き3頭目、クラシックの関東馬ワンツーは1着同着となった2010年オークス以来11年ぶりのことである
皐月賞で減った馬体をしっかり戻していた 福島(未)• レース後にルメール騎手が「出遅れて、おまけにスローペースのレースになりました
20年過ぎて一番ダービーが得意になったんじゃないかな」「福永騎手のラスト直線うますぎ」など称賛コメントが続々と寄せられた エピファネイアは現4歳世代が初年度産駒にあたり、いきなり昨年の牝馬3冠を無敗で制したデアリングタクトを出しています
デビューから無傷の4連勝で皐月賞(G1)を制した エフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)に注目が集まる 平均的な勝ち上がり
好スタートを切り、好位のインで脚を溜めたエフフォーリア 5月30日、に出走
圧倒的に有利と言われる最内(1)番枠をゲットしたことで1強ムードは高まるばかり 3歳(2021年) [ ] 2月14日東京の共同通信杯(芝1800m)で始動

中3~5週(未)• それから…… レース前、急にエフフォーリアの隣枠に入ったヴィクティファルス(池添騎手)がやらかすんじゃないかと気になったので 謎の馬単。

写真判定の結果、シャフリヤールがハナ差制しダービー馬に輝いた。

残念ながら福永先生の展開予想はG1だったら配信されるというワケじゃなさそうだが、これからカンテレのYouTubeチャンネルはチェックしようと心に決めた。

23日、札幌競馬場で行われた新馬戦(芝2000m)は、1番人気の エフフォーリア(牡2歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が優勝。

稍重(1-0-0-0)• 脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

エフフォーリアの脚質 ここまでは、好位に取り付いて終いを伸ばしてくる「好位差し」の王道競馬。

510キロ超の馬体は各部位の隅々に至るまで屈強。

ダービー最有力候補が厩舎でしか見せない知られざる素顔を公開。

エフフォーリアの重馬場適正 エフフォーリアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;• 皐月賞ではともに力を出し切れていなかったこと、そしてダービーでは大幅プラス体重だったことだ。

しかし、2000円未満の人気サイド決着も6回。

29