コロナ 予言 本 1982。 1981年作の小説「闇の眼」…新型コロナ出現を予言?

クーンツ「闇の眼」は 1982年ではなく1981年の小説• もしくはいわゆる「フォロワー買い」だったりするんでしょうか。 つまりこれは「徐々に自然に終息していく」のではなく、ある時期を境にパタリと止んでしまうということのようです。 ダイアナ妃の後ろにマスコミがカメラを構えていますよね。 ・新型コロナウイルスのパンデミック ・新型コロナウイルスは武漢発である ・アメリカでデモが起こる ・2001年のアメリカ同時多発テロ ・2011年の東日本大震災 ・2011年の日本の原発事故 ・トランプ大統領の出現 ・東京オリンピックの延期 ・ピザゲート事件 ・ダイアナ妃の事故死 ・月面着陸のデマ これらのことをイルミナティカードは暗示し予言していたと言われています。 米国有名な小説家ディーン・R・クーンツ氏(Dean Ray Koontz)による1981年の作品『闇の目』(The Eyes of Darkness)には、「武漢-400」(Wuhan-400)というウイルスが言及されている。 post-navi-default a:hover img,. 感染さえさせられれば、殺傷という目的を達成した後には自然消滅するという点で、「最高の武器」とも呼ばれている。 「Enough is Enough」の意味は、「もうたくさんだ」とか「いい加減にしろ」という意味です。
1 8