ニュース zero あい みょん。 出演者|news zero|日本テレビ

2018年 - 一般社団法人xDiversity理事• 2007年• メディアアート作品を制作し活動するとともに大学教員としてはコンピュータと応用物理を組み合わせた視聴触覚への情報提示や最適化計算などの研究、アクセシビリティの研究などを行っている WIRED CREATIVE HACK AWARD GRAND PRIX(2015年11月)• (2017年11月19日、)• 不定期出演解説者 野球解説• 村尾の降板と有働の起用• 「優先順位はその世代によって必要なものが変わってくる」と話していた
なお、番組放送前には公式ツイッター上で同楽曲が制作された経緯などが紹介されることに 2018年10月1日 - 前回放送で降板した村尾に代わり、元NHKの有働由美子がメインキャスターとなる放送が開始された
(不定期、)• 2018年春 月 - 木曜担当の気象キャスターの田中、月一回程度の不定期で出演していた髙橋が番組を卒業 八木の後任も立てられず、金曜日は村尾・鈴江・ラルフの3名のみで進行することになった
COMMENT 工学研究、教育、芸術、技術ベンチャー経営に関わる 四足のわらじを履いている人間ですが 社会に対して「もっとこうなったら良くなるのに」 「こんな視点で物を考えると自由な発想が出て来る」など今、 我々の社会が停滞しているような雰囲気を より良い方向へ変えたい、 多様性を許容できる技術や文化の成熟した社会を 目指したいと思うことは人生の中で多々あります 鈴江の後任として、これまでフィールドキャスターを務めていた右松が進行キャスターを引き継いだ
伯父は空手家の 2013年3月、学際情報学専攻修士課程(総合分析情報学コース)修了
都留拓也• 2014年11月29日時点の [ ]よりアーカイブ 総合演出・総合デスク:土屋拓• (日本テレビ報道局専門局次長・解説委員、水・木曜日担当) 2019年10月30日から出演
2009年1月5日 - 2010年10月1日:「」• - スポーツニッポン 2017年6月24日• キャスター メインキャスター(アンカーウーマン)• 幽体の囁き 2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 - 廃校の校庭に空間音響技術を用いて人の気配感を作り出す作品 山田しょうこ• 松谷ヒロキ• 2018年秋 番組のメインキャスターであった村尾が卒業し、後任に元NHKアナウンサーでフリーアナウンサーのをメインキャスターに起用
2013年5月31日時点のよりアーカイブ - は、日テレ系ecoウィーク企画放送のため、10分拡大放送
2016年 - 19日(前述の通り放送休止となった15日・18日を除く)は、リオデジャネイロオリンピック関連の特設コーナーを放送のため、10分拡大して放送。 ナレーションが「だ・である」調から「です・ます」調に変更されている。 右松健太(当時日本テレビアナウンサー、2010年4月1日 - 2013年3月29日) マンスリーキャスター• (『まんたんウェブ』付記事)• 同時に長嶋一茂と八木依子が降板。 BS1スペシャル「1964 TOKYO 知られざるオリンピック」、パーソナリティを務める。 ただし原則として火曜日の「 CULTURE」の担当で、小林の役回りは鈴江が引き継いでいる。 一般男性といっても、お相手は大手百貨店「丸井」の創業者の孫で、関連不動産会社の社長を務めており、超セレブ婚だ。 これまで火曜日のカルチャーコーナーを担当していた宮本は月1回のペースでの出演に変わった。 1 2008年5月から11月まで産休。 2018年10月の番組リニューアルに伴い2018年9月14日に終了。
61

なお、金曜は前々枠の『』の終了と前枠の『』の時間繰上げに伴い、1年ぶりに23:30からの放送に戻される。

また、授業がない日や土日はバイトしているものの、月4~5万円のバイト代の半分は学費の返済。

放送開始当初は本名の「鈴木崇司」で出演しており、2017年にバラエティ番組や愛称として使われていたマイクネームの「ラルフ」に改名するまで本番組の氏名表示も本名で表示されていた。

テロップは、22:54頃から当番組のものを使用した。

に関する話題を伝えていくという内容。

スタッフ この節のが望まれています。

チーフプロデューサー:(2019年6月3日 - )• さらに、タイトルロゴを小文字の表記(『 news zero』)に統一。