アルル の 寝室。 閑人の絵日記: 「アルルの寝室」の遠近法

彼は胸に2発の銃弾を受けていました この床の色の違いは、当時のゴッホの精神状態が、影響していると言われています
ゴッホが南フランスのアルルで暮らしていた時に、自分の寝室を描いたものなのですが、実はゴッホは、『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』を3枚も描いています しかし、その後、矢代が知らない間に松方はこの作品を購入していたことになる
ゆがんだように見える違和感の正体 アルルの「黄色い家」1階の図面 1930年代 右上の部屋(2階)がゴッホの寝室 この絵、よく見てると壁が変だな〜と思うと思うのですが、ゴッホの描き方の問題ではなく、実際に曲がっていることが上の図面からわかります
参考:NHK-Eテレ、YouTube-NHKチャンネル. 経緯 [ ] 3点のうち最初のものは、がアルルに来る直前のに描かれたもの しかし、ここは訳あり物件
その寝室を描いた『アルルの寝室』は、今日の一枚の他に同じ構図の絵がもう2枚存在します 2017年12月26日 12:44 am, ID 12001• しかし、彼はアルルに住んだ2年間の間に300以上の絵や描写を完成させていました
絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます 弟テオに宛てた手紙の中で、ゴッホは部屋をわざと2次元的に描くこと、そして影を残し日本画を意識したことを書き記している
当時、弟のテオが結婚したことにより、 ゴッホに宛てた手紙が次第に少なくなっていました 結婚し家族を持った弟がゴッホの支援をこれからも続けていくことに対し、 ゴッホは申し訳ない気持ちでいっぱいになり、自身を責めました
赤い丸の部分がゴッホの部屋です 一枚目の作品は、床がバラ色のような明るい色で描かれていますが、3枚目の作品は、茶色がかった灰色で描かれています

なぜ3つも????? この絵は、「ゴッホの寝室」、「ファンゴッホの部屋」、「アルルの部屋」とも表現されてますよね。

浮世絵の、前景はとても大きく、後景は小さく描く手法を気に入ったゴッホは、この絵でも、 ベッドの脚を大きく誇張して描くことで印象に残る作品に仕上げています。

ゴッホの患った精神的不安などの症状は、 現在では「側頭葉癲癇(てんかん)」であったのではないかと言われています。

しかし、この3枚には違いがあります。

ちなみに絵の左側の扉は、ゴーギャンの部屋につながっていました。

74