100 万 円 の 女 たち。 100万円の女たち【考察】結末とエピローグの謎を解明!1巻に伏線セリフがあった!?

歌 ってよりかはむしろ、• U-NEXTでは ・立ち読みもできるので買う前に試し読みもできるんです 開菜々果が殺された時、玄関のカギは閉まっていた
(中略) 僕自身、右も左も分からない身であるからこそあまり既存の枠にとらわれずに面白い作品ができるよう、前に前に挑戦していきたいと思います でもたまに優しい
塚本ひとみ:• みどり「私が18歳になって「SEXしてほしい」って言ったらしてくれますか?」 『100万円の女2巻』 美波「この家のいろいろなコトが解決したら…その時は、また勇気を出してあんたにお願いしてもいい?ちゃんと抱いてよね」 『100万円の女4巻』 二人とも道間との経験を通じて、自分のコンプレックスを克服したいと願っていたのです すべて美波が遺言状でみどりに教えてくれた
美波はそれを危惧したのでしょう 中傷FAXを送っていた ・金髪の若者:神田武 みどりと同じ施設出身
美波が自分の仕事場に、初めて道間を連れて行く時に、こんな発言がありました 招待状を出した真犯人は佑希だった
「美波さん・・ この気持ち一生忘れませんからね・・・」 くやしいという感情を手に入れたみどり それに主人公を演じる女優(開菜々果)がもういないから
超高級コールガール倶楽部の社長 そして道間といつか経験することを道間に約束させていたのでした
描き下ろしエピローグが衝撃だった 女たちが求めていたものが道間にあった、ということなのではないでしょうか
(フィクサー=政治・行政や企業の営利活動における意思決定の際に、正規の手続きを経ずに決定に対して影響を与える手段・人脈を持つ人物を指す 最初はファンだったのが、途中から「好き」に変わっていた
その事実知った慎はみどりにあることを尋ねます 君の名はの音楽制作で有名で、本作主演の野田洋次郎と、コトリンゴのコラボによって生まれた楽曲• 施設育ちの女子高生が焼死となれば話題性がある
81
ドラマの世界観をそのまま表して頂きました。 だんだんとおかしなことになっていく -。 美波とみどりの共通点 高校生のみどり。 ) なんで、管理人もケチらずに この漂う感情を、 購入してみようと思います! まとめ• 1巻のネタバレ ・毎日、道間の元に嫌がらせのFAXが送られてくる ・内容は死刑囚の父親を攻撃するもの ・毎月28日に女たちは家賃という名目で道間に100万円支払い ・その代わりに女たちの食事や身の回りの世話をする道間 ・ コールガール倶楽部のオーナーである美波に誘われた道間「僕でいいの?」 ・美波は「キモイ」とやめ、「まだまだね」と道間の胸をつく ・出版社のパーティーに女たちと出席した道間 ・出版社のパーティーで 菜々果が世界的女優だと知る ・道間の嫌っている小説家の花木ゆずを『天才』と絶賛する批評家の森口は道間の小説を酷評していた ・その森口がテーブルに来て道間を馬鹿にするが女たちから言い返され捨て台詞をいい去る ・(自宅にて)みどりに部屋に呼ばれた道間 ・そこにいくと服をまとわずにベッドにみどりが座っていた 2巻のネタバレ ・18歳になったら抱いてくれるかというみどりに「喜んで」と答える道間 ・部屋の外で会話を聞いていたひとみは機嫌が悪くなる ・初めに道間の家にやって来たのは塚本ひとみだった ・次に小林佑季と200万円が手に入る ・生活が苦しくなってバイトをしようとしていて、タイミングがよすぎると感じる道間 ・次に開 菜々果、そして高校生の鈴村みどり ・女たちの世話をしそれぞれの好みを把握した頃、最後の女・白川美波が現れる ・毎月500万円が入り半年が過ぎる ・そして『小説』『死刑囚の父』『謎の女たち』を巻き込んで徐々におかしくなっていく ・ みどりは養護施設で育ち、たまたま買った宝くじで10億円が当たっていた ・当選金を受け取るためには未成年のため保証人が必要だった ・みどりは同じ施設で育った神田武に保証人を頼む ・それから「たかられている」ことをみどりは小林佑季に相談 ・佑季は武を排除する人間を知っているから任せてとみどりに言う ・白川美波の指示で武を呼び出したみどり ・車で部下の砂子に武をひくようにいう美波 ・行方不明にして処分するという美波に助けてあげてほしいと頼むみどり ・道間がお風呂に入っているところへ菜々果が入って来る 「私 招待状の送り主わかったよ」(菜々果) ・女優に演技は通用しないという菜々果 「上手に嘘をつくのよ。 白川 美波(しらかわ みなみ) 30歳。 ください。 美波「くやしいって大事よ。

・このタイミングで慎の父の死刑が執行されたのも、佑希が絡んでいるようだ。

ひとみは慎に抱きしめてくれるよう言うが「なんで?」と理由を求める慎に、理由や理屈もなく好きだと伝える。

「100万円の女たち」の原作は、青野春秋さんによるミステリー漫画。

読者の中にはみどりを心配する声もありました。

塚本ひとみはネコを連れて父親の残した家に戻った。

だから死ぬ前に、みどりに万全のサポートと遺産、真犯人の正体を書いた遺書を残したのではないでしょうか。

77