エースバーン 環境。 ツボツボ育成論 : 環境破壊を楽しむエースバーンへ 環境保守型ツボツボ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

中にはビルドアップと併用してドヒドイデ崩しに特化した型まで見られた。 エースバーン環境やばいらしいですね。 リベロアイアンヘッドではがねタイプに変更し、毒を透かされると少しきついですが、読み合いとしてはこちらが基本的には有利に立てるのでかなりGoodだと思います! ザシアンに素早さ種族値では及ばない為か、持ち物の採用率は、が前シーズンより更に増加。 貰って頂きありがとうございました 皆様のまたのご参加お待ちいたしております。 とにかくエースバーンを意識した論構成になっておりますが、別に相手がでなくても十二分に活躍できる性能を有しておりますので、あくまで汎用性が高く腐りにくいDMエースとして捉えていただければと思います。 サンダー自体、かなり型が豊富で既にその開拓も進んでいるポケモンですので、正直あまり目新しい要素がある育成論ではないかもしれませんが育成の参考になれば幸いです。 シーズン7は強すぎるエースバーンとエースバーン対策で出てきたポケモン全員を相手にできるウォッシュロトムのウォッシュバーン構築が環境トップになりそう。 ダイサイコでムゲンダイナやドヒドイデに有効。 また、とは同時に進化したエース枠同士であり、バトルシーンにおいてはタッグを組んで良い連携を見せる事が多い。
50
耐久は決して高くはないがそこまで紙でもなく、良く言えば丁度「」の発動を狙いやすい数値といったところ また、もう1つの専用技として、自分と相手の場の状態を入れ替えるという珍しい効果の「」を覚える
技に関してはに対する有効打としての採用が数を増やしている 地面技持ちの鈍足相手に対しては撃つタイミングを読まれないよう注意してください
数的優位を作ることで、相手の交代先になり得るポケモンを潰し、こちらの有利なポケモンを押しつけやすくなります 協力なサイクルだと個人的に感じておりますが、信頼しすぎて、相手のパーティに役割対象がいない状態で出すと簡単に突破されてしまうので、ご注意ください
基本的にダイジェットを積んだ後に撃つことが多いため、麻痺による相手のSダウンの恩恵は感じ辛いかもしれませんが、不利な相手に対しても痺れにより無限の勝ち筋を生み出せます ただし特殊型は本来エースバーンが勝てていた相手には逆に勝てなくなってしまうので汎用性はかなり低く、あくまで奇襲に特化した型である
選出画面で相手のPTのDMエースを予想し、 DMの撃ち合いで勝てそうなら選出する、相性が悪そう 特殊受けが多い、ダイジェットが刺さらない等 なら選出しない、といった形で判断してください 少し考えた結果それなりの数対策ポケモンは考えたが対策で考えたポケモン全てウォッシュロトムに不利か型次第で良くて互角くらいだった
パワーシェアや叩き落とすで相手の攻撃力を下げると、カモにされるのを嫌って交代することが多いと思います こだわりスカーフを持たせることで本来不利になるドラパルトに一方的に勝てる可能性がある
強力な特性と広い技範囲が強力なポケモンだということが分かってもらえたと思います 剣盾環境は、ダイジェットが最強の技と言っても過言ではありません
Cinderは 灰かぶり のものと同義 隠れ特性の「 」はらの持つ強特性「」と同様の効果を持つ