バイオ ショック。 バイオショック1、2、Infiniteの3部作をプレイしてみた感想・レビュー

主人公は「コロンビア」と呼ばれる場所に来たらしい。
ピエロの絵と能天気な笑い声が目印。 ファミ通の記事はさすがにわかりやすい。 実は、この衝撃的な展開に説得力を持たせるため、ここまでに多くの伏線が張ってあります。 弾薬販売機(El Ammo Bandito) 西部劇の悪党のような男の絵とスペイン語のしゃべりが特徴。 攻撃は主に鉤爪で行う。 ライフ・ステーション(Hearth Station) 金を払う事で体力を全回復する事が出来る、いわば「宿屋」。 繰り返しになるが、フォンテインはの矛盾を象徴するために用意されたキャターだ。 また他人に自己への献身、犠牲を強いるものでもない」。 レベル2まで存在する。
22