キャロウェイ エピック フラッシュ スター。 エピックフラッシュスターハイブリッド試打レビュー|捕まらないヘッドで上級者も満足

・音も良い。
とにかく、低スピンで超高弾道が打てるので、キャリーとランが出しやすいです エピックフラッシュスタードライバーの標準シャフト・カスタムシャフト エピックフラッシュスタードライバーの標準シャフトは、Speeder EVOLUTION for CWです
「とにかく つかまりが良すぎる」と感想を述べたのは、ドライバーのHSが30台の西川 しかし、実際にエピックフラッシュドライバーが販売されている値段は、有賀園ゴルフで 58,212円からなので、この価格を基準にするといいでしょう
というわけで、今回は「GBBエピック スター」と比較してみようと思います ですが、なんか最近この重量に慣れてきたかも
意外とディープフェース GBB EPIC STAR ドライバーと同じように、意外とディープフェースとなってます トゥ側なのか、ヒール側なのかは分かりませんが、傾向として芯を外したと感じた時に「音でかっ! シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています
まとめ~エピックフラッシュスターの試打レビュー|キャロウェイ|2019新製品 【デザイン】 総合評価 【打感】 総合評価 【飛距離性能】 総合評価 【初心者向け】 総合評価 【総評】 総合評価. ヘッドの形状はにも近く、過去モデルの良さが詰め込まれている ソール側に関して言えば、これは初代エピックスターを踏襲
59
エピックフラッシュスターの試打データ 画像ですと見づらいかと思いますので、一番いい当たりをしたデータのみ記載します もう少し打ち出しを高くできればバックスピン量が2000台前半なので飛距離は伸ばせたと感じました 基本的に打ち出し角が高めのぼくがこの高さなので、吹き上がってしょうがないという人以外は10. html やでも採用されているヘッドを縦に貫通する2本の柱は、今回のモデルでも採用されています
EPIC FLASHスタードライバーのマーク金井氏による試打と評価. エピックフラッシュのハイブリッド たまたまキャロウェイのフィッティングに行ったら試打できたので、レビュー記事を書くことにしました 発売当初は、EPIC 、EPIC ドライバー 数量限定 、EPIC サブゼロドライバーの3種類でした
おすすめしたいゴルファーは ・高い球が打ちたい ・払い打ちするタイプ エピック フラッシュ シリーズの中でも万人向けというか、日本人向けなのが、エピック フラッシュ スター ドライバーです
3球中2球がストレートボールでした フラッシュフェースは人工知能によって開発された形状となっており、従来の開発方法では膨大な時間を要するところを、人工知能で短期間で開発できたとしています
試打したスペック 実際に試打したスペックは以下の通りとなります 6 サイドスピン 441L バックスピン 1,169RPM 総スピン量 1,250RPM ミート率 1. もう、本当に右に90度曲がるようなスライスを打つこともあります
HS50台の万振りマンは、「スピン量はそのままで、かなり 球を上げやすくなった」と弾道の高さに言及した AIとはartificial intelligenceの略語で、日本語に訳すると人工知能
91