国税庁 確定 申告。 申告手続(所得税確定申告等(令和元年分))

eLTAX(地方税ポータルシステム)を利用すれば、支払報告書と源泉徴収票を一括作成し、送信することができます。

イ 退職所得を除く各種の所得の合計額から所得控除を差し引くと赤字になる• 控除証明書等の電子的交付 生命保険料控除、地震保険料控除及び寄附金控除の控除証明書等の電子的交付について、制度の概要及び電子的控除証明書等の交付を受けた方や電子的控除証明書等の発行者の方へのご案内などの情報をご紹介しています。

また、マイナンバーカードをお持ちでない方でも、事前に税務署で手続していただければ、ID・パスワード方式の届出完了通知を利用して、電子申告することができます。

また、作成した申告書等データを保存しておけば、翌年の申告時に読み込んで活用できます。

所得税及び復興特別所得税の申告にあたって、申告書に添付することとされている主な明細書や計算明細書等の様式を提供しています。

注1:マイナポータル連携の詳細については、国税庁ホームページの「」をご覧ください。

A 所得税法等により、税務署等に提出する申告書にマイナンバー(個人番号)を記載することが義務付けられています。

2 青色申告決算書・収支内訳書• 所得税及び復興特別所得税の確定申告書や青色申告決算書、収支内訳書、確定申告書付表等の様式を提供しています。

関連リンク. A 国税庁ホームページでは、画面の案内に従って金額等を入力することにより、税額などが自動計算され、所得税及び復興特別所得税や青色申告決算書などを作成できます。

ただし、一部の税務署では、2月21日(日)と2月28日(日)に限り、日曜日でも確定申告の相談及び申告書の受付を行います。

もっと便利に! スマートフォンやタブレット端末からでも納税証明書の交付請求が行えます(税務署窓口で受け取れます。

98 32

また、国税庁ホームページの や には詳しい解説が載っています。

また、なりすましを防止するため、税務署等がマイナンバーの提供を受ける際には、本人確認(番号確認と身元確認)を行うこととされています。

e-Taxをご利用の場合は、e-Taxへログイン後、メッセージボックスにて「申告のお知らせ」(注1)をご参照ください。

注1:マイナンバーカード読み取りに対応したスマートフォンについては、地方公共団体情報システム機構の「公的個人認証サービスポータルサイト」()をご確認ください。

ただ、早く還付金を受け取りたければ、もちろん早く確定申告書を提出しなくてはならない。

)等)の提示又は写しの添付を省略することができるようになりました。

90