応仁 の 乱。 応仁の乱とは

結局、決着がつかずに終わる 応仁の乱は、文明9年(1477年)に終幕を迎えます。

古市胤栄は義就に手助けすべく応仁元年6月に上洛したが、他の国人衆は表立って活動は行わなかった。

朝倉孝景の越前統一は間近に迫ったが、文明7年4月に孝景の急成長に危機感を抱いた義敏が土橋城に籠城して国人二宮氏と結託、孝景は義政から義敏の保護を命じられていたため迂闊に土橋城を攻撃出来ず、大野郡の占拠は長期間に亘った。

まとめ. 室町幕府は、4代将軍の弟であり、籤引きによって選ばれた6代将軍が専制政治を敷いて守護大名を抑えつけ、将軍の権力を強化したが、元年()にに。

細川家の家督をめぐって政元自身が暗殺されてしまったのである。

北川殿が、兄早雲の浪人を知って駿河に呼んだのか、あるいは、「駿河にきて夫義忠の補佐をしてほしい」という要請があったので、義視について京にもどらなかったのか、早雲が駿河に下ったのは、そのいずれかであろう。

争いのきっかけは、足利家のお世継ぎ問題ですが、争いの中心(大将)は宗全と勝元です。

17
一方、京都から駆逐された義澄は、京都奪回を目指したが、残念ながら永正8年に病死してしまった。 に京都郊外の山でも戦いが起こり()、に発生したは激戦となり両軍に多くの死傷者を出したが、勝敗を決するには至らなかった。 同5年3月,持豊が病没し,同年5月に勝元も没した。 御家人のなかには義視を暗殺しようとする者まで現れたため、義視派と義尚派が争う形で、宗全と勝元の争いに加わっていきます。 なぜ「応仁の乱」は10年も続いてしまったのか? 知れば知るほど日本の歴史に興味がわくエピソードが満載です。 幕府では文明3年に長らく空席だった侍所頭人(所司)に赤松政則が任ぜられ、政所の業務も文明5年になると政所頭人(執事)によって再開されるなど、幕府業務の回復に向けた動きがみられた。
98 44