時計 ベルト 調整。 時計バンドの調整方法

スライドさせて、サイズを調整する 腕時計のベルトをサイズ調整する方法 腕時計のベルトのサイズを調整したいときはどうすれば良いのでしょうか
あると安心なアイテム ・ピン替え先 ピンは消耗品でもあり、変形する可能性があります 1: 当店にてご注文していただきベルト調整(コマ外し、ベルト交換など)をさせていただきました商品について、 到着後機械不良や傷・汚れ等あった場合の「 不良品」については、到着後~14日間以内にお返しいただきましたら返品交換が可能です
ハンマーの力加減は優しく数回に分けて叩く• 腕時計のバンドを調整するための4つのポイント それでは、最後に腕時計のバンドに関する調整方法について、もう一度振り返っておきましょう 勘違いによる、ミスを防ぐことができます
例えば、以下のような時計です ピンを紛失しない、折らないためにも慎重に位置を合わせましょう
中には、依頼しても断られるケースがあります その際は誠にお手数ではございますがお近くの時計屋さんにて調整をお願いいたします
一部の腕時計では、ピンが固く固定されていたり、そもそも構造的に調節ができなかったりと、サイズ調整が難しいベルトもあるため、工具を購入する前に、調整が可能なタイプかどうかを確認するようにしましょう 固定台に時計を置くときは固定台の下にあいている穴にコマのピンが抜けるように時計を置いてください
革ベルトを調整したい場合、以下の2種類から選ぶことになります サイズ直しはお店に頼むこともできますが、工具があり手順がわかってさえいれば、自分でもできます
ペンチ:500円~• ヘッド部分がプラスチックまたは樹脂でできているもので、工作物に損傷を与えないという特徴があります 中留を画像の矢印の方向に持ち上げることで留め具のロックが解除され、留め具をスライド出来るようになります
これでは時計としての使い勝手も悪くなってしまいます 最初は固定台などで軽く押し込む
100円~ ピンを抜くときに使用します。 ケースサイドに穴がある場合は、バネ棒外し(I型)を差し込み、下に押し込むことでバネ棒が外れます。 紹介した手順や工具を参考にしながら、ベルトのお直しにチャレンジしましょう。 『板状ピン』の場合は、小さな溝にマイナスドライバーをあてて、板ピンを抜きます。 適度なゆとりがあると、ベルトとの間でかいた汗が自然と蒸発して逃げていきます。 また、「フリー中留タイプ」の場合は、調整工具は付属されていませんが、小さなマイナスドライバーが1本あれば、お客様ご自身で調整することができます。