死に たい なぁ。 「僕は学生時代、何度も自殺したいと思ってたんです」立花隆さんが生前語っていた“死の哲学”

死にたい。

後悔しない死の迎え方 16年にわたり医療現場で1000人以上の患者に関わってきた看護師が、患者のさまざまな命の終わりを見つめる中で学んだ、家族など身近な人の死や自分の死を意識した時に、それから死の瞬間までを後悔せずに生きるために知っておいてほしいことを伝える。

しかし、「死にたい理由がない」ということの中には、実は何か深刻な理由があったとしても、当人は何か心理的な問題から、その現実を受け入れていない…といった面もあるかもしれません。

どんな姿になろうとも生きようと、大きな手術も受けれた。

彼とは頻繁に連絡を取っていたわけではないけれど、ある程度気心が知れている気になっていました。

46

抗癌剤治療を受けながらも笑顔を見せる彼女は強いんだろうな、と思いました。

それは、うつ病が重症化した際に出てくる問題症状だと理解しておいてください。

私が今生きているたったひとつの理由。

そして、語弊を恐れずに言えば「彼が羨ましい」と、同時に思いました。

うつ病は、決して当人の心の強弱に関わる問題ではありません。