弱虫 ペダル 実写 キャスト。 実写映画『弱虫ペダル』キャスト・キャラ比較&制作秘話 ハイケイデンスは再現されてる?【ネタバレ注意】

のいずれかのチャンネルまたはパック・セット等のご契約者は無料でご視聴いただけます。

インターハイでは幹や2年の青八木、手嶋らと共に裏方に回っている。

篠原(しのはら) 声 - クレジットなし 箱根学園3年生(2年次)のクライマー。 77
寒咲幹/橋本環奈 橋本環奈と永瀬廉のコードブルーみが強い — 羅羅 5KcUMXNjq0fqWWs 映画ではヒロインとされているが、原作では自転車の話になると目の色が変わるほど大の自転車好き
1年時は最も期待されていて、1000キロレースで900キロメートルの時点で脚が痛み出したが無理をして980キロメートルまで走った所でリタイアする インターハイではサポートに回っており、1日目はゴール前の場所取りをしたり、古賀からゴールする選手を迎い入れるよう指示を出される
庭妻 繁典(にわづま しげのり) 広島呉南工業高校3年生(2年次) 鳴子からは「無口先輩」と呼ばれている
その真波を追う手嶋の姿を見て無謀だと嘲笑していた 個性豊かなキャラクターですので、イメージ通りのキャストを揃えるのは至難の技ですね
『弱虫ペダル』チーム総北映画キャスト 坂東は関西出身の「浪速のスピードマン」こと鳴子章吉役、竜星はサングラス姿が高校生とは思えない異彩を放つ金城真護役、柳は玉虫色の長髪と独特のダンシング(立ち漕ぎ)が特徴の巻島裕介役、菅原は筋力を生かした「肉弾列車」と呼ばれる走りを得意とする田所迅役、井上は補欠ながら坂道やチーム総北を支える杉元照文役を担当 実際に自転車にほぼ自分達で乗っての撮影だったので今までしてきたお芝居とはまた違う大変さがあり毎日考えることが沢山でした
アニメ版では2期第1話に石垣の回想として登場 下の名前は不明だが真波からは「委員長」と呼ばれている
異名は「呉の陸鮫」、「空気を割る鮫」(エアチョップドシャーク)。 2日目は山岳ステージで真波と戦うことをレース前から楽しみにしていて最初は山岳ゼッケン獲得をオーダーされていたが 、度重なるチームのトラブルなどによりそれどころではなくなってしまったため、(真波との)勝負を諦め今泉を先頭まで引くこととなった。 中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、高校こそは友達を作るためアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、部員は集まらなかった。 長くくせの強いパーマ が特徴で、鳴子からは「パーマ先輩」と呼ばれる。 ゼッケン番号はインターハイでは1年次が33、2年次は不明、KHYレースでは033。 3日目には前日の無理が祟って足に異常をきたしながらもトップグループを維持していたが、山岳に入る直前で足が限界に達し、坂道たちへ後を託しつつリタイアした。 箱根学園のエーススプリンター。 「照ちゃん」と呼び慕う兄とは似ても似つかぬ容姿で、頭1つ抜きん出るほどの大柄な体格は、鍵の掛かった部室の引き戸を開けようとして外してしまうほどの怪力を有している。