静か なる ドン 26。 静かなるドン

乳栗はさまざまな意味で理想的な教育者であったことが後に判明、そのおかげで虎太郎は常識はもちろん仁義や誇りといった親とは正反対の美徳を学び育ちつつあり、生倉会傘下の組長たちから両親に似ず聡明な子であると思われている。 時村が辞任したため、川西は取締役に昇進できた。 暗躍する生倉の陰謀、そして、鬼州組の骨手牛となぜか愛の逃避行に出た馬場花子はどうなる! 正造の不祥事の巻き添えで出世コースから外された。 新鮮組と戦うが歯が立たず東京にコンプレックスを持っていることを静也に見抜かれ駐車場だけの進出を条件に和解する。 静也が総長であることに不満を抱いており、暗殺・失脚など様々な策を用いて何度も総長の座から下ろそうと画策するが、そのたびに失敗してきた。 おねぇ言葉でしゃべるが腕は立つ。
50 29