小野 薬品 工業。 人財・人権

nui-icon--icon-paperviewer-web-main,. 小野薬品工業は、【がん免疫療法、がん最先端治療、骨粗しょう症】などのテーマ銘柄です 5% (2019年3月期) 研究開発費 665億円,対売上22. 【ECO VISION 2050】• これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません
それに伴い、エンゲージメントの指標の質問項目も増やし、組織、上司、個人など、さまざまな視点からエンゲージメントを評価できるようにしました 男性社員の育児休業取得促進のための情報提供• 「ステークホルダーから期待される重要度」においては、社外のステークホルダーの代表として、責任投資を実践する機関の評価項目に加え、株主・投資家の皆様から寄せられている意見を取り入れ、重要度を設定しました
グローバル人財育成 グローバル人財育成研修 グローバル人財育成研修は、将来のグローバルリーダーとして各部門長から推薦された社員を対象としています
以上のように年8回の面談を行うことで、従業員の納得性を高め、人財育成へとつながるよう、制度の運用に努めています 2003年• 私たちは、新薬に特化した研究開発型製薬企業
以下の諸制度は、原則全社員が適用対象となります 2011年• 2015年• 受動喫煙対策・健康増進• 通報・相談体制 当社では、ハラスメントを含むコンプライアンス違反の未然・再発防止、適切な就労環境の確保、違反発生時に迅速な対応・措置を講じて社会的信頼の失墜や損失を最小限にとどめることなどを目的に、 2015年から24時間受付可能な社外窓口「小野薬品ホットライン」をはじめ、通報・相談窓口を社内外に設置(下図参照)しています
事業活動において、環境負荷低減を推進する 【ECO VISION 2050】• 国内初マイクロドーズ試験開始• バーチャルリアリティ(VR)患者体験 患者さんの視点を持つために、VR機器を用いた体験型研修を行っています 当社は、社員が安心して働くことができる職場づくりを推進しています
各種昇格者研修 一般社員最上位等級への昇格者研修では、マネージャーとして求められる役割を理解し、主体的にチーム運営に関わる意識と姿勢を醸成します なお2020年度に発生した休業災害は、事業場外での転倒などによるものであり、今後もより注意を払うよう啓発活動に取り組んでいきます
nui-aspect-container--16-9 picture,. 医薬品の開発において安全性や有効性を見極めるために欠かせない臨床試験は、被験者の人権を尊重し、安全性の確保に細心の注意を払い、高い倫理性を持って厳正に実施されます 2020年度:40%• 子どもの看護を目的とする休暇制度の導入• これら協働・連携を公正かつ透明な事業として充実させるには、その関係の透明性を確保することが重要であり、日本製薬工業協会のガイドラインを勘案して策定した当社ガイドラインに従って、当社から医療機関および患者団体への支援費用に関する情報を公開しています
福利厚生倶楽部の利用 国内外旅行、ホテル宿泊、レジャー施設チケット、車サービス、インテリア服飾、雑貨等ショッピング、映画舞台等チケット、フィットネス、レストランなどのサービスが特別価格・特別プラン等で利用可能な福利厚生のパッケージの利用が可能です 変革の意識を持ち、最後まで諦めない、挑戦意欲を持った人• 【柔軟な働き方を促進する制度】 フレックスタイム 多様な働き方を認め、業務の効率化および仕事と家庭・育児・介護の両立といったワークライフバランスの向上を目的として、一部の職種、部署、職層を除き、全社にフレックスタイム制度を導入しています
また、「感染症への対処」に対しては、ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチンおよびB型肝炎ワクチンの支援に加えて、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金への参画を通じた、マラリア、結核、顧みられない熱帯病などの市場性の低い治療薬や、ワクチン、診断薬などの新薬開発によって貢献します。 EcoVadisの活用により、1年に1回以上の頻度で、取引先のCSRマネジメントに関して、信頼性の高い情報を得ることができ、取引先に対して適切な是正措置を提案することができます。 健康診断後、必要に応じて産業保健スタッフが医療機関への受診勧奨や保健指導を実施したり、生活習慣病リスクが高い社員や家族に対する特定保健指導への参加を勧めたりしています。 社員には年度に1回の健康診断を義務付けており、このうち35歳以上の社員は法定健診に代えて人間ドックを受診することができますます。 入社1年目の全部門合同研修、部門別導入研修に加え、若年層には年次別研修を導入するなど、節目ごとに集合研修を行っています。 水資源使用量(取水量)は、2018年度比14. 「女性活躍推進法」に基づく行動計画の概要(目標/取り組み) 目標 取り組み計画 各年度の結果 2017年度採用より、新卒総合職に占める女性の採用率を40%とすることを目指す• 49tとなり、引き続き非常に低い水準を維持 公害防止管理 排出基準の遵守を徹底し、引き続き環境事故や地域社会からの苦情ゼロに向けて取り組みを継続 大気汚染・水質汚濁ともすべての分析結果において排出基準に適合、地域社会からの苦情ゼロ 環境効率性評価 環境省ガイドラインの遵守 ・環境コスト、設備投資、経済効果、環境保全効果の開示 ・環境効率性の評価を実施 ・環境効率性は、2005年度と比較し57. 業界の研究開発費の売上比率の大手10社の平均が17. 安全衛生 安全衛生については、安全衛生委員会を定期的に開催し、課題を抽出するとともに職場環境の改善を継続的に図っています。
29