ウルトラマン ヒカリ。 ULTRA

また、炎を発することに由来するのか高熱に耐えうる力を持っており、OV『』では炎の谷を唯一通れる宇宙警備隊のウルトラ戦士とされている。 当初は保育士を目指し、みやま保育園でアルバイトとして働いていた。 宇宙から飛来した怪獣を前に、対怪獣防衛チーム・CREW GUYSはアイハラ・リュウ隊員を残して全滅してしまった。 そしてがにし、さらに・GUと一体化することでとなり、最終を打ち勝った。 これ以降も、アイテムが絡んだエピソードにおいてはゼロとゼットの会話の中でちょくちょく登場している。 このような中、家族皆で楽しんでいただけるウルトラマンシリーズを配信することで、光ブロードバンド回線をエンターテインメントのメディアとして発展する効果も期待できるという両者の思いが一致し、ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念の公式サイトを「フレッツ・スクウェア」上に平成18年4月27日(木)から開設しました。 歴戦の猛者である平成ウルトラ10勇士の内7名を単独で撃破し、残り3名の内ギンガ・ビクトリーのコンビすらも容易く退けるなど、並大抵ではない実力者であることに間違いはない。
44
メビウスのメビウスブレスと同様に変身前・変身後を問わず形が変わらず、変身機能やヒカリの力を増幅させる能力を持ち、ヒカリの技の多くを発動させる役割を持つ。 全世界のGUYSを統括する最高責任者。 オールマイティな、格闘向きなと種族において大体の得意分野がある中、ブルー族は研究など頭脳労働に向いているとされる。 ヒビノ・ミライ、バン・ヒロト(21・22):• このように普段はあまり威厳のない一面ばかり目立っているように見えるが、根は隊員のことを心から信頼している部下思いな性格。 プロサッカー選手時代は、必殺の「流星シュート」を武器にスペインリーグで3年連続得点王となったが、先述の能力による自分の感性を周りに理解されなかった過去から仲間と呼べる存在がおらず、チームメイトからもマスコミ からも白い目で見られていた。 アキコの母:(32)• 腕をL字にずらすと威力を上げることができる。 名前の由来は『』の主人公・ミサキーから。
元はに所属していたプロ選手でが口癖となっていて、隊員たちをアミーゴと呼ぶ。 だがその決意を打ち砕くかのように襲撃してきたボガールによって、ヒカリの必死の抵抗も虚しくアーブは滅ぼされてしまった。 エンペラ星人襲撃に際してGUYS JAPANベース周辺に展開したが、インペライザーの攻撃により壊滅した。 一方のヒカリもゼットのことはそれなりに気に入っていたようで、戦友であるメビウスに対して「 将来有望な若者」と太鼓判を押していたらしい(もしかすると、純粋に自分を慕ってくれるゼットの姿に、闇に堕ちる前のかつてのトレギアの姿を重ねて見ていたというのもあったのかもしれない)。 劇中ではメビュームナイトシュートと同じく、スペシウム・リダブライザーを通してリタブライザー諸共破壊してから命中したため、本来の威力は不明。 テレポーテーション ウルトラマンのものと同様の能力。 再登場怪獣は、など第1期ウルトラシリーズは『マックス』で多く登場していたため、など第2期ウルトラシリーズの怪獣が中心となっており、のような知名度の低い怪獣も登場させることで過去の作品との世界観の繋がりに説得力を与えている。 80がいないため、ユリアンがメビウスを呼ぶことで技を出し、ジャッカル大魔王に一撃で体当たりする。 その正体はGUYSオーシャンの新隊長であり、サコミズとも旧知の仲で、親交がある。 なお、改名の理由は、「功久(かつひさ)という読みが難しい」ことと、前述の『真・仮面ライダー』で風祭 真を演じた名残もあるという。
92