保土ヶ谷 税務署。 [手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁

(代理人が請求書を持参する場合)• (4) ご本人(法人の場合は代表者)からの委任状 代理人の方(ご家族、代表者以外の役員、従業員の方を含む。

申告時期には横浜中と保土ケ谷の2署合同で桜木町の日石横浜ホールに相談会場を、また他の税務署でも署内に相談会場を設けている。

そこで、各税務署では入場整理券の配布を予定。

注意1: ID・パスワードをお持ちでない方は、本人確認書類を持参のうえ、事前にお近くの税務署で交付を受けてください。

また例年、会場からのオンライン申告も多く、税務署はポスターやダイレクトメールなどで自宅からの申告の広報に力を入れる。

3 なお、本人確認書類の種類により、1枚の提示で足りるものと2枚の提示が必要なものに分かれます。

消費生活相談はで実施しています。

・窓口での待ち時間が短縮できます。

詳しくは、「」をご確認ください。

10
整理券で混雑抑制 横浜市内には鶴見・横浜中・保土ケ谷・横浜南・神奈川・戸塚・緑の7税務署があり、19年分の市内確定申告は約70万人 ) [受付時間] 8時30分から17時までです
また、距離測定機能がありますので東京国税局保土ヶ谷税務署と最寄の交通機関(最寄駅やバス停など)の位置関係を事前に把握することも可能です 【相談においでになる方へ】 ・ご自宅で検温し、普段より熱が高い・体調が悪いなどの自覚症状がある場合(同居家族を含む)は、キャンセルをお願いします
・当日はマスクを着用してください 区役所広報相談係での特別相談 法律相談と司法書士相談の予約は 1週間前の同じ曜日の8時45分から受け付けます
(2)• [手続根拠] 国税通則法 [手続対象者] 個人又は法人の方で納税証明書が必要な方 ご本人(法人の場合は代表者本人)が窓口に来られない場合には、ご本人(又は法人の代表者)の委任を受けた代理人の方が委任状を持参(納税証明書交付請求書に添付して提出)して手続を行うことができます 2 番号確認書類(個人番号カード又は通知カードなど)(個人のみ、法人の場合は不要)• (請求日当日の受取を指定された場合には、多少お時間をいただくことがあります
代理人の方が来署される場合には、次のものを持参していただく必要があります 2と3の受取方法では、電子委任状 証明用 を添付することで代理人が受け取ることも可能です
関連リンク• 詳しくは、「」をご確認ください )が来署される場合に必要です

ご本人(法人の場合は代表者本人)又は代理人本人であることを確認できる本人確認書類• 「」に詳細を記載しておりますので、必ずご確認ください。

国税庁の方針にあわせ市内7税務署では、オンライン申告の推奨や会場での入場整理券配布などで混雑抑制をめざす。

[請求先] 現在の住所地(納税地)を所轄する税務署(税務署の所在地については、国税庁ホームページ「」でご確認ください。

税務署によると会場利用者数は正確に把握していないため開示できないとしているが、例年、各会場ともかなり密な状態だ。

1 ご本人(法人の場合は代表者本人)であることが確認できる本人確認書類(個人番号カード又は運転免許証など)• また、お持ちでない方も、「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたID・パスワードがあれば、パソコン・スマートフォンから申告が可能です。

ダウンロードした電子納税証明書(PDFファイル)は、自宅やコンビニで印刷することができます。

[交付請求書様式・記載例] PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

4 2 オンラインで請求して納税証明書を郵送で受け取る方法(電子証明書等が必要です。

電子委任状 証明用 は「」で作成することができます。