表 千家 お点前。 表千家におけるお点前の手順|茶道の基本

1 濃茶の場合と同じく、水指を引き出す場合 茶碗を持ち出し仮置し、 水指を手前に引き出してから、薄茶器を中棚から下ろし、茶碗と置き合わせる。

居ずまいを直し、建水を進め、帛紗を捌いて薄茶器を拭き、薄茶器を瓶掛前の左寄りに置きます。

向こうへ2つに折ったら帯に付けます。 一般的な棚を使ったお点前の場合 まず準備。 七事式で先日花月をしました。 仕舞いの時は、水指の蓋をしたら直ぐに棚板を元に戻す。 即中斎本にも而妙斎本にも同じことが書いてあります。 最後にもう一度茶碗を畳に置いて両手をつき茶碗の全体を眺めます。 仕舞いの時は、薬缶で水を加えるまで水指は引き出したままにしておく。 (亭主が一礼するとき、客一同も礼をします。 仕組点(しくみだて) 道具を運ぶ手間を省いた濃茶点前で、 「老人点前」とも言います。 建水には 「殻が上」の状態で仕組んでおきます。
茶碗を戻すときは茶碗を右手で取り左手に乗せ、右手で時計回りに二回茶碗を回して自分が座っている畳の外に置きます 例えば、茶通箱までは毎年申請できても、唐物からは最低2年は申請できないとか
畳のまん中を歩いて道具畳の中央までいって座ります 横から入る場合はひざ前に建水を置いて右斜めにすわり、正面から入る場合は茶道口に左斜め前に座ってふすまを閉めたらいいよ
)置いたら右回りで水屋に戻ってね 薄茶の場合、点前の始まりに旅箪笥の中棚を扱うには、3通りある
その後、建水を進める (ここで「口が上」になります) そして蓋置を置き、柄杓を掛け、礼
季節の花を生けるとき、とてもワクワクした楽しい気持ちになりませんか? 普通は亭主がすべてするんですが、その花を入れる楽しみを茶室の客に譲るという作法です 茶を茶碗にはき、茶杓を茶碗の縁で軽く打ち、茶を払います