コロナ ウイルス 茨城。 新型コロナウイルス感染症陽性者一覧/茨城県

茨城県ではクラスター対策のため、高齢者接種については高齢者施設を優先的に接種いただくよう、市町村にお願いしています。

なお、予防接種の接種会場や医療機関では、アナフィラキシーに迅速に対応するため、医薬品などの準備をしています。

- 厚生労働省 茨城労働局• ワクチン接種を受けた後、2日以上熱が続く場合や症状が重い場合などは、医療機関の受診をご検討ください。

JAPAN 都道府県ごとの病床ひっ迫具合や新規報告数などを掲載 県発表の総合情報• 電話番号 0120-761770(フリーダイヤル)• 市町村から郵送される接種券は使用しないでください。

現在、県及び市町村、医療機関等では、皆さまが安心安全に接種できるよう、接種体制づくりを進めています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

更新 対象者 期間 高齢者(65歳以上) 基礎疾患のある人・ 高齢者施設等の従事者 その他の人• (3)接種回数 2回の接種が必要です。

67
ワクチンを接種すべきかどうか適切にご判断いただくため、ぜひご覧ください 茨城県からのお知らせ• 特に、血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合を、アナフィラキシーショックと呼びます
市区町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません アナフィラキシーは特定のワクチンだけに起きるものではなく、様々な医薬品やワクチンの投与後に報告されています
副反応が起きた場合の健康被害救済制度 一般的に、ワクチン接種では副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀であるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています 予防接種のスケジュール• 首相官邸ホームページで公表されている実績はワクチン接種記録システム(VRS)からの実績ですが、高齢者施設接種の場合、このシステムへの実績の反映に時間がかかる場合があり、実際の実績よりも低い数字が公表される場合があります
- 茨城県 注目情報や事業者向けの緊急支援策• 茨城県市町村ごと月別・週別感染者早見表 茨城県新型コロナウイルス感染者数グラフ 茨城県最初の感染者発生から438日経過で 累計感染者数は9640 人、1日の平均感染者数は22.01 人です 新しい情報が入り次第、随時お知らせしてまいります
電話番号 029-301-5394 (日本語)• 「(独)国立病院機構 水戸医療センター救命救急センター長」と「茨城県医療統括監」を兼務し、本県の新型コロナウイルス感染症の対策を医療面で先導する「安田 貢」医師に、ワクチンの効果や安全性等を説明いただいた動画を公表しております - 茨城県 発生状況や変異株PCR検査陽性患者数について• 312例目(令和3年5月21日発表) ・ 310~311例目(令和3年5月20日発表) 308~309例目(令和3年5月19日発表) 307例目(令和3年5月17日発表) ・ 301~306例目(令和3年5月16日発表) ・ 299~300例目(令和3年5月13日発表) ・ 297~298例目(令和3年5月9日発表) ・ 293~296例目(令和3年5月8日発表) 291~292例目(令和3年5月7日発表) ・ 290例目(令和3年5月6日発表) ・ 288~289例目(令和3年5月3日発表) ・ 287例目(令和3年5月2日発表) ・ 286例目(令和3年4月29日発表) ・ 285例目(令和3年4月27日発表) 284例目(令和3年4月26日発表) 283例目(令和3年4月25日発表) 280~282例目(令和3年4月24日発表) 278~279例目(令和3年4月23日発表) ・ 275~277例目(令和3年4月22日発表) ・ 269~274例目(令和3年4月21日発表) 267~268例目(令和3年4月18日発表) ・ 264~266例目(令和3年4月17日発表) ・ 260~263例目(令和3年4月16日発表) ・ 256~259例目(令和3年4月15日発表) 252~255例目(令和3年4月14日発表) 249~251例目(令和3年4月13日発表) 248例目(令和3年4月12日発表) 247例目(令和3年4月11日発表) 244~246例目(令和3年4月10日発表) ・ 239~243例目(令和3年4月9日発表) ・ 235~238例目(令和3年4月8日発表) ・ 228~234例目(令和3年4月7日発表) ・ 226~227例目(令和3年4月6日発表) ・ 225例目(令和3年4月5日発表) 215~224例目(令和3年4月4日発表) ・ 211~214例目(令和3年4月3日発表) ・ 208~210例目(令和3年4月2日発表) 205~207例目(令和3年4月1日発表) 202~204例目(令和3年3月29日発表) 201例目(令和3年3月27日発表) 199~200例目(令和3年3月24日発表) 198例目(令和3年3月21日発表) ・ 192~197例目(令和3年2月18日発表) 191例目(令和3年2月16日発表) 190例目(令和3年2月14日発表) 186~189例目(令和3年2月10日発表) 184~185例目(令和3年2月9日発表) 183例目(令和3年2月8日発表) ・ 182例目(令和3年2月6日発表) ・ 179~181例目(令和3年2月5日発表) 174~178例目(令和3年2月4日発表) 166~173例目(令和3年2月3日発表) 164~165例目(令和3年2月2日発表) 163例目(令和3年2月1日発表) 161~162例目(令和3年1月30日発表) 152~160例目(令和3年1月27日発表) 145~151例目(令和3年1月26日発表) 141~144例目(令和3年1月25日発表) 139~140例目(令和3年1月24日発表) ・ 130~138例目(令和3年1月23日発表) 125~129例目(令和3年1月22日発表) 116~124例目(令和3年1月21日発表) 106~115例目(令和3年1月20日発表) 105例目(令和3年1月19日発表) 102~104例目(令和3年1月17日発表) 96~101例目(令和3年1月16日発表) 94~95例目(令和3年1月15日発表) 88~93例目(令和3年1月14日発表) 86~87例目(令和3年1月13日発表) 84~85例目(令和3年1月12日発表) 80~83例目(令和3年1月11日発表) 74~79例目(令和3年1月10日発表) 66~73例目(令和3年1月9日発表) 59~65例目(令和3年1月8日発表) ・ 48~58例目(令和3年1月7日発表) 39~47例目(令和3年1月6日発表) ・ 33~38例目(令和3年1月5日発表) ・ 32例目(令和3年1月4日発表) 29~31例目(令和3年1月3日発表) 28例目(令和3年1月1日発表) 27例目(12月28日発表) 26例目(12月20日発表) 23~25例目(12月12日発表) 22例目(12月10日発表) 21例目(12月8日発表) ・ 20例目(12月6日発表) ・ 19例目(11月26日発表) ・ 18例目(11月11日発表) ・ 15~17例目(10月31日発表) ・ 14例目(10月30日発表) ・ 13例目(10月29日発表) ・ 12例目(10月28日発表) ・ 11例目(9月11日発表) ・ 8~10例目(8月28日発表) ・ 7例目(8月27日発表) ・ 6例目(8月18日発表) ・ 5例目(8月14日発表) ・ 4例目(8月13日発表) ・ 3例目(8月11日発表) ・ 2例目(8月9日発表) ・ 1例目(4月12日発表) ・. 茨城県内の新型コロナウイルス感染者状況が変わりましたら、その都度記事を更新してまいります
- Yahoo! JAPAN 国内でのワクチン接種予定、有効性と副反応について、関連ニュースなど 受診に関する情報• (各市町村のコールセンターは). 例えば、インフルエンザワクチン接種後の副反応疑い報告では、因果関係があるかどうか分からないものも含め、国内では1シーズンで、約20件のアナフィラキシーが報告されています 新型コロナウイルスワクチンに便乗した詐欺にご注意を! 新型コロナウイルスワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだまし取ろうとする相談が消費者生活センターに寄せられています
こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています お電話いただいた方と、茨城県新型コロナワクチンコールセンター相談員との会話内容を外国人相談センターが通訳する、3者間での通話になります
接種を受けることができる医療機関は、後日、市町村の広報などでお知らせいたします 受付時間 8時30分~22時00分(土日・祝日も実施) 日本語がわからない人のための相談窓口 茨城県国際交流協会外国人相談センター• ワクチンを接種するかお悩みの方は、主治医やかかりつけ医にご相談ください
76

現在接種が行われているファイザー社のワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等が報告されています。

今年1月に次いで2番目に感染者が多い月となっています。

支援情報や各相談窓口• お問合せ先 ワクチンに関すること 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター• 詳細は各リンクからご確認をお願いいたします。

新型コロナウイルスワクチンについて 新型コロナワクチンについての動画 新型コロナウイルスワクチンを接種することにより、主に発症や重症化の予防が期待されています。

接種後にもしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、接種後15分から30分程度は、接種会場で健康観察のために休憩していただくことになっております。

表題にも書きましたが、5月の感染者数は1497人で4月の1399人より98人も増えています。