レオナ キングス カラー pixiv。 薄@くりにかリンミズ晶大ばんざい🙌

44
」と文句を言っている風でいてレオナ先輩はすごいアピールを欠かさない後輩の姿があった お前もそう思うだろ? CV: 概要 名前 Leona Kingscholar 学年 3年A組13番 誕生日 7月27日 獅子座 年齢 20歳 身長 185cm 利き手 右 出身 夕焼けの草原 部活 マジカルシフト部 得意科目 古代呪文語 趣味 嫌いなこと 子どもの相手 好きな食べ物 肉 嫌いな食べ物 野菜 特技 寮の
ひょんなことから妖精の祭のファッションショー ショーのテーマが「」で、その褐色の肌が打って付けという理由で無理矢理参加が決定した に紛れ込むこととなる
あまり他人に関心を抱かなさそうなレオナがジャックの成績を何故か把握しているため なんだかんだいってジャックのことを目にかけているようである 何故俺は第二王子に生まれた? 何故俺は永遠に一番になれない? とはいえ全員が全員レオナを忌避しているわけではない様子であり、事実甥っ子からは非常に懐かれている
やはりレオナに対しては時として容赦ない塩対応が発動する様子 平伏しろ!王者の咆哮 キングス・ロアー 』 魔法名 【 王者の咆哮 キングス・ロアー 】 効果 対象を干上がらせて砂に変える それがたとえ人間でも干上がらせてしまう程の効力を持つ非常に強力な魔法
欠席した理由について 「大方、日程を忘れてたんだろ」と語るレオナに 「レオナ先輩じゃあるまいし…百獣の王が忘れるわけないじゃないですか」と妙に辛辣な返答をするジャック 確かな実力がありながらも本気を出さないレオナに怒るジャックの発言が、自分を叱責する兄の発言と重なったことが大きいようだった
それだけなら耐えられたが、やかましく声を上げ更に触ったり尻尾を引っ張っられてストレスがたまり、 「次に眠りを妨げたらタダではおかない」と忠告しても無視されたことから、寮生を引き連れて暴動を起こそうとした スケアリー・モンスターズ! 寮長であるがやはりやる気はなく、基本的に寝てばっかりであった様子
第5章 少しだけ登場 植物園で昼寝していたところ、主人公に 尻尾を踏まれる
授業をサボって昼寝している事もあり、からはまたダブる 留年する 事を心配されている場面も である干ばつを嫌う様な母国においては恐れられている
46