笠井アナ余命。 ステージ4の悪性リンパ腫から完全寛解へ!笠井信輔が語る闘病生活の全て

不安な一方で、その4ヶ月間で仕事でもある映画を何本見ることができるか楽しみでした。

病気のことを公表され、メディアに取り上げられ一気に世間の注目を集めました。

祖父は劇作家・脚本家の。

今後ご自身でやっていきたいと思っていることを教えて頂けますか? 笠井さん:自分が目指していた寛解を超えた、完全寛解と言われ、ステージ4でも諦めなくて良かったと思いました。

フリー転身後、56歳だった2019年秋、がわかり、12月に入院。

22

』ってその時は思いましたけど、先生は『しっかり向き合っていけば大丈夫ですよ』って言ってくださったので、その言葉を信じて戦っていこうと思ってます」と決意を示した。

しかし、本にも書きましたが私の主治医は私のことも知らなければ、「とくダネ!」も見ていない方でしたから(笑)。

(1994年10月 - 1995年3月) - コーナー司会• 今後はブログを開設して、治療の報告をしていくという。

そこで初めて気づきました。

プライベートでは、嫁の茅原ますみさんとの間に3人の息子に恵まれています。

『生きる力 引き算の縁と足し算の縁』と同様、是非、ご覧頂ければと思います。

フジテレビのアナウンサーとして「とくダネ!」などの情報番組を担当。

趣味の映画鑑賞は新作映画を年間130本以上スクリーンで観るほど。

しかし、「それらもすべて取材してもらいオープンにしていく」との事だったので、笠井アナの様子はブログやテレビで知ることが出来るのでしょう。

35
生存率についても触れ、医師からは「生存率6割、4割の方が亡くなる、でも笠井さんは若いので7割ぐらいの方の生存率に入りますよ、頑張っていきましょうと言われた」と、生存率は7割と言われているという また、病気を公表した理由をこのように説明しました
実際に同じ悪性リンパ腫になったけど病気を克服したので笠井信輔アナウンサーも頑張って克服して欲しいといった声がネットにもあがっています 悪性リンパ腫の治療方法についてはがんセンターのサイトにて以下のように説明されています
聞いたこともない不思議な治療を教えてくる人がいた 柳澤:取材記事【前編】では、SNSのポジティブな側面をお話しいただきましたが、実際の の治療は過酷ですよね 柳澤:今のお話を聞き、我々も情報発信していく上で覚悟をもって臨まないといけないと改めて感じました
悪性リンパ腫は、血液中の「リンパ球」ががん化した疾患であり、主にリンパ節、脾臓および扁桃腺などのリンパ組織に発生しますが、リンパ組織以外にも多く発生します (テレビ東京、2019年12月7日)• その時改めてがんを意識しました
4月4日からは、午後の情報番組『』でなどとともに総合司会を担当 テレビ関係者の情報では、現在のところ半年ほど休養するということらしい
元フジテレビのアナウンサーでフリーの笠井信輔アナが悪性のリンパ種を告白 元フジテレビのアナウンサーでフリーアナウンサーの笠井信輔アナ(56)が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ腫を患っていることを所属事務所を通じて公表されましたね 1987年フジテレビアナウンス部入社後2019年10月よりフリーになる
また、この書籍では最高の治療、つまり標準治療を受ける患者として必要なことについても綴りました 3割の生存率にかけて、治療後お2年間をなんとか無病で乗り越えてもらって、回復して同じ病に苦しむ方々に勇気を与えてあげてほしいですね
44