約 ネバ ノーマン 死亡。 約ネバ ノーマン 死亡

エマたち最年長3人組に次ぐ年長者。

トーマと仲が良い。

そのうち実の娘のように思い楽しく暮らしていたが、ある日ノーマン達に襲撃されその鬼は殺される。
2期はなかった》《今世紀最大級の酷さ。 。 決戦の舞台は王都 ノーマンは、王都で催される儀祭(ティファリ)でギーランと王家・五摂家を戦わせます。 子供達の母親は飼育監候補の女性達であり、によって生まれるが、父親については不明。 フィル達は4つのプラントに分散して移され、他プラントに移された子供達の近況は分からないでいる。 出水は「になり得るキャラ」「天真爛漫で愛される子」をイメージして描いていた。 食用児を自分達と同じ人間だとは考えていないらしく、エマが当たり前の日常を守りたいだけという発言に対し「食用児には最初からそんなものは存在しない」と返すが、皮肉にも自身が鬼の餌となる最期を迎えた。 高級農園の食用児を屠る過程は、前述のように生きたままヴィダを食用児の胸に刺し、その後で衣服を剥ぎ取り液体の入った瓶に入れる。 シェルターにいるであろうユウゴとの再会も考えたが、殺された仲間の無念や鬼の恐怖に怯える他の子供達が頭をよぎり、猟場を潰す為にオリバーら同じ想いを持つ子供達を集め、技術と情報を伝え共有していた。
42

何をどうすれば生き残れて、何をどうしたら収穫されるのか必死に思考を巡らす日々。

どうせなら一緒に人間の世界に行ってもらいたかったですね。

秘密の猟場の客。

その後にエマ達と合流し、レウウィスの仮面を破壊してエマ達との共闘の末に止めを刺すなど、猟場での戦闘に置いて重要な役割を果たす。

絵柄は出水が『ジャンプ』に寄せようとしたが上手くいかなかったため、連載初期には出水が普段イラスト投稿サイトに上げるようなタッチで描かれていた。

「始まりの音」2019年1月9日発行(1月4日発売 )、• アビエイターハットを被っているが洗っておらず、植物の芽が生えている(ハットを脱いでも頭に芽が生えている) そして出荷当日、ノーマンはすべてを諦めたような表情でエマたちに別れを告げます(単行本4巻30話)
テレビアニメ化・小説化・映画化などのが行われている 救護担当
この農園の食用児は英才教育が施され、「特上」にランクされた食用児は鬼の頂点に捧げられるため、王や上級貴族も食べられない 面倒見がよく、優しい性格
もう二度と失いたくない一心から、手段を選ばず一心不乱に歩み続けてきたと しかし、左目は負傷が激しかったらしくその後も眼帯を付ける
(C)白井カイウ・出水ぽすか エマたちが人間を撃てないことを利用し、子どもたちを殺します ノーマンの目の前にいたのはピーター・ラートリー
アンドリューはなぜ会いに来たのでしょうか 約束からおよそ1000年もの間、世界は特に変化が無く、互いの世界を行き来するのも不可能とのこと
シェルターに帰還後はエマを治療し、約4週間後にエマが目覚めた時に自身の名前を教える(この頃には年少の子供達にもすっかり懐かれ、過保護気味になっているようである) アダムが盗難・燃え落ちたと聞いたときには、怒りで我を忘れた
女王の左手を鎖で封じザジを援護するシスロ GFの子供では1番長身で、シェルターで出会ったユウゴからつけられた渾名は「豆ノッポ」
ムジカによると、1000年の間に鬼の姿は無秩序になってしまったとのこと 脱出後すぐさま、鬼の下等種が追いかけまわしてきた
GF以上の難易度のテストを毎日やらされています ゴールディ・ポンドに連れ去られた後も密猟者達と対抗し、彼の指揮のもと全員生き延びていたが、レウウィスに狩られ殲滅、自分だけ生き残ったことに罪悪感を持ち続けた
31